野球太郎|ニュースにない奥深い情報で樹野球観戦がもっと面白くなる「野球太郎」のスマホマガジン!
高校野球の選手情報が充実!
週刊野球太郎
>公式サイトはコチラ<

山岡泰輔と田口麗斗の死闘。今村猛・大瀬良大地・菊池雄星の縁。オレたち、地方大会で戦ってました!

2017-07-11(火)12:00

山岡泰輔と田口麗斗の死闘。今村猛・大瀬良大地・菊池雄星の縁。オレたち、地方大会で戦ってました!

 各地で夏の甲子園に向けた地方大会が始まっている。

 今をときめくプロ野球選手も、かつては高校球児として甲子園を目指す毎日を送ってきた。栄誉を勝ち取った選手もいれば、地方大会で涙をのんだ選手もいる。そして、「あの選手」と「あの選手」が地方大会で激突していることもある。

 連載企画『オレたち、地方大会で戦ってました!』では、そんな地方大会で繰り広げられた、後のプロ野球選手同士の対戦を紹介していきたい。

◎田口と山岡。実現しなかった2人の再戦


 交流戦で対戦が期待されたものの、実現にいたらなかった山岡泰輔(現オリックス)と田口麗斗(現巨人)の対決。2人は広島で甲子園を目指し、投げ合う間柄だった。

 2013年夏の広島大会決勝。瀬戸内高・山岡、広島新庄高・田口の両投手は延長15回を投げ抜き、ともに無失点。山岡は被安打1と広島新庄高打線を完全に封じ込めた。一方、田口は13安打を打たれながら19三振を奪う力投。両者が力を出し切った上での再試合となった。

 迎えた再試合も両投手が最後まで投げ抜く投手戦に。最後は1対0で山岡の瀬戸内高が勝利を収めた。決勝の2試合で山岡は24回を投げ無失点。田口は23回で1失点。ほんのわずかの差が甲子園切符を左右した。

 あれから4年が経ち、田口は巨人の左腕エースとして活躍。山岡は即戦力ルーキーとして昨秋のドラフト1位でオリックスへ入団。両者を取り巻く環境は変わったが、先発投手としてチームを背負う役割は変わらない。来シーズン、あの夏の戦いの続きが見られることを期待したい。

◎今村猛・大瀬良大地の死闘と菊池雄星


 2009年のセンバツ決勝では、今村猛(現広島)擁する清峰高と、大会ナンバーワン投手の呼び声が高かった菊池雄星(現西武)の花巻東高が激突した。まれに見る投手戦となったこの試合は1対0で清峰高が勝利し、初優勝を飾っている。

 しかし、それから5カ月。夏の甲子園で両校が再戦を果たすことはなかった。

 花巻東高は岩手大会を勝ち抜いたものの、清峰高は長崎大会決勝で敗れてしまったのだ。清峰高を下し甲子園にやってきたのは長崎日大高。エースは大瀬良大地(現広島)だった。

 長崎大会準々決勝で両校は対戦。「打倒・今村」を掲げる長崎日大高は初回から今村を攻略し、2点を先制する。これがこの夏、今村にとって初めての失点だった。清峰高は大瀬良から4回に1点を奪うも、それ以降は無得点。大瀬良が今村に投げ勝ち、長崎日大高が3対1で勝利を収めた。

 最大の敵を破った勢いで長崎日大高は準決勝、決勝も勝利し、甲子園切符を掴んだ。

 そして、迎えた甲子園の初戦で、なんと花巻東高対長崎日大高のカードが実現。センバツ決勝を想起させる対戦は、組み合わせが決定直後から大きな話題となった。試合は、花巻東高が8対5で勝ち、菊池が今村に代わって雪辱を果たしたような顛末となった。

 今村は高卒で広島に入団。一方で、大瀬良は九州共立大で4年間プレーした後、広島に入団。2人はプロでチームメートとなっている。これも今村と大瀬良の不思議な縁なのだろう。


◎杉内と木佐貫が15年の時を経て再戦


 1998年夏の甲子園。横浜高の松坂大輔(現ソフトバンク)が決勝でノーヒットノーランを成し遂げ、春夏連覇。「平成の怪物」の名をほしいままにした大会だ。この大会では鹿児島実高の杉内俊哉(現巨人)も1回戦の八戸工大一高戦でノーヒットノーランを達成している。

 その夏、杉内が苦しんだ試合の1つに鹿児島大会決勝がある。対戦相手は川内高。エースは木佐貫洋(元巨人ほか)だった。春季鹿児島県大会では準決勝で激突し、木佐貫が杉内に投げ勝ち5対2で勝利。その勢いで春の鹿児島を制している。

 春の再戦となった決勝では、3回に鹿児島実高が木佐貫から3点を奪い、試合を優位に進める。その後、杉内は川内高の反撃を1点に封じ込め3対1で勝利。甲子園出場を決めた。

 そして、2013年5月20日。プロ入り後、初めてとなる2人の投げ合いが実現した(木佐貫は当時日本ハム、杉内は当時巨人)。15年の時を経た再戦では木佐貫が7回1失点の好投でリベンジを果たしている。


◎寺島対青柳。プロでの再戦に期待!


 2015年夏の大阪大会2回戦(初戦)は、組み合わせが決まったその瞬間から大いに注目を浴びた。大阪桐蔭高と履正社高がいきなり激突。「事実上の決勝戦」と呼べる決戦が行われることになったからだ。

 全国で唯一、シード制を取り入れていない大阪だからこそ起こりえるマッチアップ。試合当日、舞洲ベースボールスタジアムには13,000人の観衆が詰めかけ、超満員となった。

 履正社高の先発は当時2年だった寺島成輝(現ヤクルト)。2回に履正社高は1点を先制したものの、寺島が3回に2点を失い、大阪桐蔭高に逆転を許す。その後、7回、9回にも大阪桐蔭高は得点を重ね5対1で勝利。3回戦へと駒を進めた。

 この試合で、大阪桐蔭高の8番・中堅で出場をしていたのが当時3年の青柳昴樹(現DeNA)だ。センバツでは4番を務めたが、打率.158(19打数3安打)と結果を残せず、夏は打順が下がっていた。寺島を粉砕し信頼を取り戻したいところだったが、2打数無安打(2四球)。試合には勝利したものの、安打は放てなかった。

 その後、2015年のドラフトで青柳はDeNAに入団。1年遅れて寺島はヤクルトに入団。新たな舞台で再戦が行われることを期待したい。


 山岡、田口のように再戦とならなかったケースもあれば、大瀬良と今村のようにチームメートとなることもある。また、15年の時を経て一戦を交えた杉内、木佐貫のような例もある。プロでの再戦があるかどうかは、野球の神様による気まぐれと言ってもいいのかもしれない。


文=勝田聡(かつた・さとし)

新着記事

人気記事

注目特集記事

会員サイトでは熱くなる情報満載!野球太郎ならではの奥深い内容があなたの知りたい欲を満たします。
今週の特集|プロ野球情報とアマチュア・高校野球情報、日刊記事だけでなく明日だれかに話をしたくなるタイムリーなネタを毎週連載

野球観戦をさらに面白くする!ドラフト候補選手名鑑や分析ツールなど利用できます。
高校・大学・社会人・独立リーグ、ドラフト候補選手登録数、累計5000名以上!夏の地区大会・本大会で大活躍!! 試合観戦中に気になる選手情報を検索しよう!

会員サイトではすべてのメニューが
使い放題です。

会員登録
  • 野球太郎ドコモユーザーは10日間無料お試し
  • 野球太郎ソフトバンクユーザー
  • 野球太郎auスマートパス会員限定無料
  • 10日間無料お試し期間
  • ソフトバンク
  • auスマートパス会員は無料で利用可能
※お手続きの前にドコモやソフトバンク、auのキャリア認証画面(ログイン画面)になります。IDとパスワードをお忘れの方は端末の設定画面よりWi-fi通信をオフにし、モバイルネットワークの通信に切り替えていただくとログインが簡単になることがあります。
電波状態

iPhoneユーザーの方はiPhoneアプリ「野球太郎Pocket」でも記事・コラムが読めます。(一部の記事は有料です。)

野球太郎のTwitterまたはfacebook
をフォローすると野球太郎の情報が
いち早く届きます。

Twitter
facebook

日刊トピック プロ野球 高校野球
ドラフト情報
今週号 野球エンタメ ランキング
  1. 週刊野球太郎トップページ
  2. 高校野球・ドラフト情報コラム&ニュース一覧#2
  3. 山岡泰輔と田口麗斗の死闘。今村猛・大瀬良大地・菊池雄星の縁。オレたち、地方大会で戦ってました!

会社概要
お問い合わせ
書籍「野球太郎」新刊案内
野球太郎公式twitter
野球太郎公式facebook

(C)Imagineer Co., Ltd.