週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【2018年夏の甲子園 東千葉みどころ】夏に向けて成長が楽しみな投手が集まる 一段とレベルアップした野尻を見逃すな

投手編〜未知の可能性を秘める素材たち

注目投手 林直樹

根本太一(木更津総合)は2年生ながら、常時140キロ台の力強いストレートが武器。
春季県大会はケガで欠場したものの、関東大会で復帰。
健大高崎を相手に6回途中まで好投し、復活をアピールした。
昨秋からは体も引き締まり、いい成長曲線を描いている。
1年生の篠木健太郎はしなやかなフォームから常時130キロ中盤のストレ―トを投げ込む。
早くも夏の戦力になりそうで、これからの伸びも期待できる。
昨秋は背番号1だった峯村誉範も万全なら140キロ近いストレートを投げる素質を持つ。
現エースは変則サイドハンド・白井竜馬。
安定感ある実戦型の投手だが、最速135キロとスピードもある。
このようなスケール型と実戦型投手で形成する木更津総合投手陣への期待度は高い。

 千葉黎明、成田、拓大紅陵はそれぞれ二枚看板を擁する。
荒井信久監督からの信頼が厚い渡部翔太郎は多彩な変化球を操り、完投能力がある。
林直樹(ともに千葉黎明)は小柄ながら、最速143キロのストレートで三振を奪っていく。
度胸満点の投球は見応え十分だ。
成田は伸びのあるストレートが武器の仲澤龍良が先発し、140キロ近いストレートで勝負する荒張直也がリリーフするスタイルで勝負していく。
拓大紅陵はテンポのいいサイドハンド・安藤太雅と腕の出どころが見づらい左腕・佐々木新が軸となる。

 他にも好素材のエースクラスが点在する。
宮崎宏哉(千葉明徳)は今春に急成長し、最速は144キロにまで到達。
同じく今春に脚光を浴びた大型左腕・相川亮太(館山総合)は身体能力が高い。
冬に千葉選抜に選ばれた伊藤広翔(若松)に、加藤泰晴(志学館)や行木俊(横芝敬愛)も素材型の大型右腕で将来が楽しみだ。

 毎年好投手を輩出する東海大市原望洋は相川敦志監督が復帰。
旧チームから投げていた左腕・鎌形大智と、右腕・早川史恩の両輪はこの夏に大化けする可能性も。

野手編〜破壊力ある打線を牽引する野尻

注目野手 野尻幸輝

ここ数年は守備型のチームだった木更津総合に、今年は強打者が揃う。
主砲の野尻幸輝は密着マークされながらも、要所で強打を発揮。
この春はチーム事情により投手も兼任したが、"野手投げ"ながらも球速は140キロ近くを計測し、安定感も光った。
核弾頭の東智弥は昨夏の甲子園で最後の打者になった屈辱を胸に今春急成長し、長打を連発した。
山中稜真は勝負強い打撃で、チームトップの打点を稼ぐ。

 プロ注目の捕手・田宮裕涼(成田)はスピーディーな走攻守が持ち味。

 昨秋は強打で県大会優勝を掴んだ拓大紅陵。
春は低調だったものの、好選手が揃う。
バットコントローのいい水島滉陽、勝負強い主将・北野将也、強肩捕手の廣岡隆成、スラッガーの小俣剛志と鈴木貫太など、ハマれば怖い打線だ。

 その他には、小柄ながらリストを生かした打撃が光った1年生の佐久間康祐(千葉黎明)。
走攻守そろった宮内竜志(銚子商)。
春2本塁打の清水健斗(千葉明徳)、多古の二遊間コンビ浅野晃正&大野靖也も楽しみな選手だ。

大会展望〜木更津総合が大本命

東千葉 勢力ピラミッド

県大会、関東大会で大暴れした木更津総合が他校を大きくリードする。
破壊力のある打線と豊富な投手陣は全国トップクラス、例年より落ちる守備力を整備できれば、死角はなさそうだ。
秋は木更津総合に打ち勝ち優勝した拓大紅陵、春に木更津総合を苦しめた成田、ここ数年メキメキと力をつけてきた千葉黎明は関東大会でも1勝し自信をつけた。
相川監督が復帰の東海大市原望洋、安定した戦力を誇る志学館、千葉経大付、千葉明徳、昨年復活の兆しを見せた銚子商にも注目だ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方