週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

メジャーは憧れから身近な存在に。『ニックネームで振り返る野球昭和史』



「ビッグレッドマシン」。

 今季の野球界では、何度となくこのフレーズを耳にする。イチローの安打記録に際して世間の注目を集めたピート・ローズを説明する上で。そして、セ・リーグの首位を独走する好調、広島打線を称して。

 元をたどれば、1970年代、メジャーリーグで圧倒的な強さと人気を誇ったシンシナティ・レッズの強力打線のニックネーム、それが「ビッグレッドマシン」だ。

 その中核を担ったのがピート・ローズ。そして、広島は、レッズと同じ赤がチームカラーであることから、このニックネームを借り受けたわけだ。今季だけでなく、1990年代の三村敏之監督時代にもこのニックネームが使われていた。

 野球界には、いつの時代にも愛すべきニックネームがあり、そして、そのニックネームが似合う個性派選手たちが歴史を作ってきた。ニックネームで野球史を振り返る、というのも野球ファンであればまた一興。むしろ、昭和の時代にこそニックネームで呼びたくなる選手たちであふれていたことを、今こそ、若い世代の野球ファンにも語り継いでいく必要がある。

 そこでぜひ、オススメしたい本がある。先頃上梓された『ニックネームで振り返る野球昭和史』(澤宮優著/ベースボール・マガジン社)だ。


 本書に収められた「球界ニックネーム」は実に120以上。それぞれのニックネームや愛称がどのように生まれたのか、選手やチームの特徴や出来事を振り返りながら、野球史を探求できる構成となっている。

 本書を読んであらためて感じたのは、メジャーリーグに影響を受けたニックネームが実に多いこと。それだけ、昭和の時代においてはメジャーリーグが憧れの存在だった、というわけだ。いくつか、代表的なものを本書から紹介したい。


和製ベーブ・ルース


 阪急、名古屋でプレーした強打者、山下実のこと。第一神港商業高(現・市立神港高)時代、甲子園球場第1号本塁打を放ったことで知られている。

《豪快なスイングから、スタンドインする様は、ベーブ・ルースを彷彿とさせたので、和製ベーブ・ルースと呼ばれた》


和製ヨギ・ベラ


 阪神、毎日などで活躍した名捕手、土井垣武のニックネームだ。1946(昭和21)年に打率.325、1949(昭和24)年にも打率.328という好成績を残した。

《これまで捕手でこれだけの打撃成績を残す選手はいなかった。ヤンキースの正捕手で、捕手として358本の最多本塁打(当時)を記録したヨギ・ベラを彷彿とさせたので、異名がついた》


和製火の玉投手


 毎日などで活躍した左腕・荒巻淳のこと。メジャーリーグの速球王、ボブ・フェラーのニックネーム「火の玉投手」にちなんでこう呼ばれていた。

《荒巻淳は左腕から地を這うような内角低めへ決まる快速球を投げ込んだ。それがボブ・フェラーの球に似ていた》


和製ディマジオ


 松竹などで活躍した強打者、小鶴誠。1950(昭和25)年に当時のシーズン最多本塁打記録、51本塁打をマーク。161打点は今も日本記録だ。

《ヤンキースの強打者のジョー・ディマジオと顔やバッティングスタイルが似ていたことからそう呼ばれた。ディマジオも小鶴誠も、両足を大きく広げ、ステップせずに腰の回転で外野スタンドに飛ばした》


 翻って現代、イチローのことを「和製ピート・ローズ」とは呼ばない。時代を経て、そして野茂英雄やイチロー自身の活躍にとって、メジャーが単なる憧れの存在から、より身近なものに変化したという証左ではないだろうか。本書を通して、そんな気づきを得ることもできるはずだ。

 上記のニックネーム以外でも、「殺し屋のリュウ」「懸河のドロップ」「エースのジョー」「サイレントK」「青い稲妻」……などと、まるで少年漫画で使われるような、思わず口にしたくなるニックネームも多い。

 もちろん、「鉄人」や「マサカリ投法」「フラミンゴ打法」などのおなじみのニックネーム。「トルネード投法」や「ゴジラ」「ハマの番長」「ジョニー」といった平成の選手だけれども、どこか昭和を感じさせるニックネームなども収められている。

 そして思う。
今の時代の野球選手に、ニックネームで呼びたくなる選手がどれほどいるだろうか? もちろん、「おかわり君」や「二刀流」など、愛称だけで誰かすぐわかる選手もいるにはいるが、その数は昭和の時代に比べて少なくなっているのではないだろうか。

 交流戦が終わり、通常のペナントレースに戻るプロ野球。ぜひとも、思わずニックネームで呼びたくなるような選手の登場を期待したい。

文=オグマナオト

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方