週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 群馬みどころ】スケール大の井上、清水にも期待膨らむ 健大と育英の捕手&二塁手が双璧の存在

投手編〜好左腕・井上が猛追!

井上温大
 実績という点で先に名前が挙がるのは、昨秋と今春の県大会優勝に導いた右腕の梶塚彪雅(前橋育英)だ。中学時代にも軟式の「伊勢崎北選抜」のエースで東日本大会を制覇。当時から上質なストレートを両コーナーへ投げ分け、多彩な変化球を自在に出し入れしていたが、前橋育英のエースとなって、さらに自信を深めた。数々のピンチをしのいできた経験値を武器に、安定した投球を続けている。

 2年生の清水惇(安中総合)も輝かしい実績を持っており、中学軟式球児で組んだ侍ジャパンU-15代表に選ばれた。志も高く、自らの右腕で強豪校を倒すべく同校へ。順調にストレートが140キロを超え、鋭利なスライダーで空振り三振を狙って奪えるようになった。ダイナミックに体を使った新フォームを手に入れるなど夏のバトルモードに向けて準備は着々。大金星を虎視眈々と狙っている。

 県下屈指の左腕・井上温大(前橋商)は、新チーム発足からの登板回数こそ少ないが、実力的には申し分ない。春先から143キロをマークするなど、しなやかなフォームに力強さが加わった。県大会では試合の最後を任せられ、ほぼ完璧に抑えてみせた。この夏は、他校からもっとも警戒される存在となるだろう。

 昨秋の県大会に準優勝し、関東大会でも好投した杉山直杜(桐生第一)。常時130キロ台中盤ながら、球持ちが長くて手元で伸びるストレートで勝負できる右腕だ。

 昨夏を経験して県下屈指の本格派右腕となった荒木隆之介(伊勢崎清明)、スピンの効いたボールを投じる183センチの空井大和、右サイドから140キロ超を計測する藤生佳知(ともに市太田)もマークしておきたい。

 雄大な体躯から伸びやかなボールを投げる右腕の木村樹生(勢多農)、捕手から転向して急成長中の佐藤真一(嬬恋)、左腕から130キロ台中盤を連発する土屋柊人(吾妻中央)は経験を積んでいけば面白い存在。磨けば輝きを増していく素材だけに、先々のステージで大化けの可能性を秘めている。

野手編〜好打者・剣持の際立つ存在感

剣持京右
 野手一番手は剣持京右(前橋育英)だ。旧チームでは三塁を守り、いまは二塁手を務めている。最大の見どころは、チャンスに滅法強い打撃。試合を決める数々の一打を放っており、県内最高打者と言っていい。
 同じく二塁手の田口夢人(健大高崎)も春に2本塁打で注目を集めた。

 捕手では、強肩強打の裄V光星(健大高崎)、2年生ながら春は4番も打った須永武志(前橋育英)がマスク越しに目を光らせる。

 右腕としても注目される本木康介(桐生第一)は、打撃センスがピカイチで将来的には野手でも勝負できそう。その本木と外野を固める工藤ナイジェルは、果敢に先の塁を狙う韋駄天ぶりが光る。

 公立勢に目を向ければ、俊足強肩の中堅手で一発もある橋本智史(桐生市商)、1年夏からレギュラー中堅手の武井公哉(市太田)が三拍子揃い、打って守れる遊撃手なら萩原智弥(嬬恋)と瀬野真生(市太田)、家冨晃遥(館林)ら。
 ツボにきたら、どこまでも飛ばす白澤拓夢(館林)と小松誠也(前橋商)の名前も挙がる。

大会展望〜2強以外の可能性も大いにあり!

群馬地区勢力ピラミッド
昨秋、今春と県大会を制した前橋育英がややリードに見えるが、ここ数年のような圧倒的な強さを感じない。
春準優勝の健大高崎も例年と比べて戦力が劣る。
どのチームを見ても突出した実力があるわけではなく、久しぶりに大混戦になるかもしれない。
安定した戦いぶりの桐生第一、投手陣が充実している前橋商と市太田、攻守でスキの少ない樹徳、上位常連となった伊勢崎清明などがからんできそう。
ノーシードの嬬恋や勢多農林、安中総合にはいまが伸び盛りの投手がいて侮れない。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方