週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

盗塁王4回の片岡治大、藤村大介、松本哲也。巨人のスピードスターが次々と退団……

盗塁王4回の片岡治大、藤村大介、松本哲也。巨人のスピードスターが次々と退団……

 このオフに巨人を退団し話題になっている選手といえば村田修一だろう。いまだに移籍先が決まらず、我慢を強いられているわけだが、その陰で、巨人ではスピードスターたちが続々とユニフォームを脱いだ。

盗塁王4回の片岡も故障に泣く


 片岡治大は西武時代(当時の登録名は片岡易之)の2007年から2010年にかけて4年連続で盗塁王を獲得。巨人時代も含めると、歴代25位の通算320盗塁を記録。プロ12年での出場試合数は1208なので、3.78試合に1つの盗塁を決めている計算となる。これは300盗塁以上を記録している29選手のなかでは8番目の盗塁頻度。片岡の盗塁能力はかなり高いことがわかる。

 ただ、西武時代、そして巨人に移籍後も故障に泣かされた。片岡が万全なら、巨人が二塁手不足に悩まされることもなかったはずだ。引退後は、2軍内野守備走塁コーチとしてチームに残る。

2011年の輝きは鮮烈だった


 2011年の盗塁王・藤村大介も現役引退を決めた。2007年の高校生ドラフト1巡目で入団と素質を期待されていたが、1軍デビューは4年目の2011年5月11日だった。

 2日後の13日には「8番・二塁」でスタメン起用され、初盗塁を決めた。そこから勢いづいた藤村は、28盗塁でタイトル奪取。この年のセ・リーグは全体的に盗塁が少なめだったが、2位の赤松真人(広島)と長野久義(巨人)は19盗塁だったので、これは大差をつけてのタイトルと言っていいだろう。

 しかし、その後は徐々に成績が下降し、2017年は1軍での出番はなかった。引退後はジャイアンツアカデミーのコーチとして未来のG戦士を育てる側に回る。


“育成の星”もユニフォームを脱ぐ


 タイトルには届かなかったが、10盗塁以上を4回記録している松本哲也も2017年限りで現役を引退した。育成選手から這い上がり、ガッツあふれるプレーでファンも多かった選手だが、藤村同様に、2017年は一度も1軍から声がかからず。決断のときがきてしまった。

 2018年からは3軍外野総合コーチとして若手の育成に尽力することになる。ぜひ、自身のようなスピード感あふれる選手を育ててほしい。


機動力があって損はなし


 2016年のシーズンオフには、走塁のスペシャリストだった鈴木尚広が引退するなど、巨人から毎年のように足のある選手がチームを離れている。

 セ・リーグを連覇した広島の盗塁数は2017年が112盗塁、2016年が118盗塁でいずれもリーグトップ。対する巨人は、2017年が56盗塁、2016年が62盗塁でいずれもリーグ4位。広島と巨人では目指すスタイルが違うのかもしれないが、機動力があって損はないだろう。

 2017年は10盗塁を記録した重信慎之介、2016年のドラフト1位で、ファームでは11盗塁の吉川尚輝、2017年のドラフト7位ルーキー・村上海斗(奈良学園大)と、走れる好素材はいる。新たに就任する片岡コーチや松本コーチの指導力とともに、彼らの台頭に期待したい。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方