週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 山口みどころ】ナンバーワン左腕を最後に勝ち取るのは 中本と池村を打てるか、高川学園トリオ

投手編〜中本&池村のトップ争い!

中本至音
 昨秋にブレイクを果たし、春4強入りの原動力になった中本至音(聖光)の進化が止まらない。オフを経て、身長、体重ともに増加し、ストレートの強さがワンランクアップ。秋の最速141キロを更新とはならなかったが、体重移動のスピードは確実に上がっており、来たる夏の更新に期待大だ。

 大会ナンバーワン左腕街道をひた走る中本に待ったをかけるのが、池村健太郎(宇部鴻城)。秋の故障期間に下半身のステップを見直し、開きを我慢できるようになった。そこからスライダーのキレが格段に向上。公式戦復帰登板を完封で飾り、夏も大暴れしそう。

 右腕では春の初戦で池村と投げ合った田村晃雅(西京)の将来性が眩しい。滑らかなテークバックでトップを作り、右腕を豪快にしならせながらミットを叩くようなストレートを投げ込む。最速は140キロだが、もっと出ても不思議ではない。
 強いストレートと小さい変化球のコンビネーションで勝負する佐伯和希(岩国)も好右腕。同校では珍しい、マウンド上での“熱さ”も頼もしい。
 防徳地区屈指の馬力を持つ本格派・盆子原大成(南陽工)、140キロに迫るストレートと鋭いスライダーで攻める竹内皇雅(周防大島)、2年生世代ではトップクラスの潜在能力を持つ渕上竜椰(早鞆)も夏のブレイクが期待できる素材。

 キレとツーシームで勝負する木村大輝(下関国際)、宝刀・チェンジアップで2年前の1年生大会Vの福原隼斗(光)のテクニックタイプの左腕も、最後の夏に勝負をかける。

 高出力エンジンを操れるようになれば無敵の松本歩(宇部商)、開かないステップがストレートの伸びを生む石川巧(高川学園)の両2年生右腕は、夏以降も追いかけたくなる存在だ。

野手編〜分厚い高川学園の中軸

久保田碧月
 秋春連覇した高川学園の中軸が強烈だ。広角に長打を飛ばす3番・久保田碧月、2年生離れした勝負強さで存在感を放つ4番・大内海斗、飛距離は間違いない5番・三家本大和の3人は県を代表する右打者。1年夏からマスクを被る久保田の捕手ワーク、グラウンドを縦横無尽に駆け回る大内の遊撃守備も見逃せない。
 小柄だが攻守に体の強さが感じられる内之倉瑛輝(早鞆)は、久保田に並ぶ捕手として要チェックだ。

 左打者では「ここで長打が出れば……」のベンチの期待に応える田中力(宇部鴻城)、スイングの速さと打てるポイントが広い軌道を両立させている村田陸(宇部商)が筆頭格。投手編で紹介した池村健太郎(宇部鴻城)と佐伯和希(岩国)は、野手としても注目したい。池村のインコースさばき、佐伯の俊足は野手顔負けの迫力がある。

 タイミングの取り方が巧みな白川京介(柳井学園)、軽快な守備だけでなく、打席での雰囲気も出てきた大井岬(聖光)、攻守でチームを牽引する瀬戸龍輝(早鞆)、甲子園8強の先輩たちに追いつこうと研鑽を続ける佐本快(下関国際)らの右打ちの内野手たちも、それぞれの持ち味を夏に発揮したい。

 春に鮮烈デビューの品川知哉(下関国際)と行武克(早鞆)は、来年、再来年、地区のスター候補になるだろう1年生だ。

大会展望〜秋春連覇の高川学園が大本命!

山口地区勢力ピラミッド
秋に続いて春も制した高川学園が優勝戦線を一歩リード。
下級生主体の投手陣、破壊力のある中軸、脇を固める足と小技が使える伏兵のそれぞれに力がある。
5投手を使い分ける継投で春準Vの早鞆、投打にタレント揃いの宇部鴻城が戦力層では比肩しており、高川学園の牙城を崩せるか。
夏3連覇を狙う下関国際も試合運びのうまさは健在で可能性はある。
好左腕の聖光、秋春連続で快進撃を見せた萩商工、2年生の逸材たちが台頭しつつある宇部商にもチャンスあり。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方