週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 長野みどころ】総合力高い北畑がどこまで成長するか?センターラインにチームを支える好選手

投手編〜タイブレーク男・北畑が進化

北畑玲央
 昨夏の甲子園で初のタイブレークの末に勝利投手になった北畑玲央(佐久長聖)は、ストレートが150キロに迫ってきた。スピンの効いたストレートとキレのある変化球を制球よく操り、フィールディングなど投手として必要な要素を兼ね備えている。

 横田夏己(東海大諏訪)は、球速が140キロ前後までアップ。もともと制球がよく、牽制など投手としてのセンスもある。県内では最も崩れにくい投手とも言えそうだ。昨秋の北信越地区4強、春県優勝と経験値も群を抜く。

 三澤直也(東京都市大塩尻)は、球速が130キロ後半まで上がり迫力が出た。きれいなフォームで放る本格派右腕で、両コーナーと低めへの制球が安定。投手向きの強気な性格も後押しし、春県準優勝に大きく貢献した。

 強肩を買われ昨秋、控えの内野手から投手にコンバートされた山田二弓(長野商)は、経験の少なさを感じさせないマウンドさばきを見せた。ストレートは130キロ中盤で、変化球でもカウントが取れる制球力を持つ。投げるスタミナを備え、まだまだ伸びるポテンシャルを秘める。

 秋、春とも県大会出場を逃した松商学園のエース・塚本強矢は総合力が高く、故障が多かった鈴木健介は183センチの長身としなやかなフォームで伸びしろを残す。
 板倉大和(日本ウェルネス筑北)はバランスの取れた本格派だ。

 この他では、下平健太(飯田)は183センチの長身から、大澤優人(長野俊英)はがっちりした体格から、力のボールを投げ込む。
 阿部巧雅(上田西)と常田唯斗(飯山)は2年生ながら、県内でもトップランクに位置する右腕だ。

野手編〜捕手と遊撃者に注目の主将

寺嶋太陽
 1年秋から主軸を任される寺嶋太陽(東海大諏訪)は広角に打てる県内では数少ないスラッガータイプ。勝負強さは実証済みで、犠打をいとわない献身さも備える。

 強肩強打で主将も務める捕手に注目したい。小幡英矢(東京都市大塩尻)は167センチと小柄だが、4番として勝負強い打撃で得点を生み出し、強肩で投手を何度も救った。
 宮坂愛斗(上田西)は一発があり、内野や投手もこなせるオールラウンダーでもある。
 林和希(松本第一)は攻守の要として、下級生が多いチームを牽引。
 志茂日出斗(松本深志)は1年秋から試合に出場し、経験が豊富。クレバーなリードと、長打があり、かつ粘り強い打撃で夏のシード権獲得に貢献した。

大会展望〜東海大諏訪と上田西が一歩リード

長野地区勢力ピラミッド
春の県大会優勝の東海大諏訪と、その東海大諏訪に準決勝で惜敗した上田西が総合力で一歩リードしている状況。
その2校に、高い投手力で春県準優勝に躍進した東京都市大塩尻、夏2連覇を狙う佐久長聖、新エースが台頭した長野商が続く。
さらに長野日大、松本深志、松本第一、小諸商、松商学園といった上位常連校が追いかける。
好投手がいる飯山や日本ウェルネス筑北、打力がある岡谷南、総合力が高い赤穂や伊那弥生ヶ丘なども上位進出をうかがっている。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方