週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・愛媛の展望、ライターのみどころ、注目選手リストはこちらです!

<愛媛県の主な注目選手>
投手・土肥 康佑(川之江・3年)
180センチ74キロ/右投右打
最速142キロのストレートにスプリットをはじめとする多彩な変化球で急成長中

投手・大西 純平(川之江・3年)
170センチ68キロ/右投右打
春先は制球難に苦しむも、初球から投げられるフォークも復活気配。最速142キロ

投手・ 仙波 和将(川之江・3年)
175センチ73キロ/右投右打
シュート回転ストレートが内角低めへ。リリースが地面まで30センチのサブマリン

投手・安樂 智大(済美・2年)
186センチ85キロ/右投左打
説明不要の最速152キロ豪腕。体に気を配りつつ、さらなるストレートの質追究を

投手・嘉陽宗一郎(松山聖陵・3年)
185センチ70キロ/右投右打
体に軸ができ制球安定。自信持って打者と対すれば、快速球がさらに生きてくる

捕手・越智 康匡(今治北・3年)
169センチ58キロ/右投右打
二塁送球2秒切りの強肩ばかりでなく、気を遣ったリードもできる小さな大黒柱

二塁手・檜垣 孝明(今治西・3年)
167センチ64キロ/右投左打
昨夏松井裕樹(桐光学園)から1安打。心、技とも堅実な今治西らしい二塁手

遊撃手・町田 卓大(済美・3年)
160センチ54キロ/右投右打
センバツを通じ最も伸びた野手。持ち味を心得たライナーでヒットを量産する

外野手・山下 拓眞(済美・3年)
170センチ62キロ/右投右打
練習から忠実なコンパクトスイングを実行。センバツ準決勝の決勝アーチは見事

外野手・越智 達矢(丹原・3年)
178センチ72キロ/右投右打
冬場に取り組んだ縦振り打法で飛距離はプロレベルに。あとは確実性を増したい

<大会展望>
状態落ち気味の済美に強豪が牙を剥く

第1シード・済美は5月の四国大会や練習試合で失策が失策を呼ぶ悪循環を発症。どのチームも年間いい状態を保つことは難しいとはいえ、センバツで力を出し切った「満腹感」が出てしまったのかもしれない。一方、昨夏の甲子園で松井裕樹(桐光学園)の前に22三振を喫した今治西、昨夏は決勝で敗れた川之江、昨秋に済美と接戦を演じた松山聖陵や今治工が、虎視眈々と下克上を狙っている。今夏も第4シードとなった丹原なども含めて、混戦の予感が漂う。

地区内勢力ピラミッド


<コラム>
もう1つの「済美」

この春、愛媛県内で話題になるもう1つの「済美」があった。済美平成の部員5人に、松山北の2年生4人を助っ人に加えた連合チームが、中予地区予選を突破して県大会に出場したのだ。中でも八面六臂の活躍を見せたのが、唯一の3年生・新山拓実(171センチ75キロ)。前半は二塁送球が2秒を切る強肩に好リードで締め、後半はロングリリーフで好投。夏は1年生7人が加わり単独チームで出場する済美平成だが、50メートル走6秒3の俊足も駆使する新山から目が離せない。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方