週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

交流戦でも待機中!? 城所龍磨がベンチで出番をうかがうソフトバンクは強い!


 パ・リーグの首位をひた走るソフトバンクのなかで、昨年までは脇役だった選手が、このところ主役級の活躍を見せている。城所龍磨だ。

今季はひと味もふた味も違う活躍!


 これまでの城所は、代走と守備固めが主な仕事。その存在感は、昨年のメジャーでのキャンプでイチローが着て話題となった「キドコロ待機中」のTシャツそのもの。

 試合の終盤まで待機し、勝負どころで内川聖一や外国人選手の代走として登場。さらには、まるでクローザーのように最終回の守備固めとしてだけ起用されたりと、スーパーサブ的な出番がほとんどだった。

 しかし、今季はひと味違う。4月3日には、2011年6月26日の日本ハム戦以来となる先発出場。そして5月18日の日本ハム戦では、2007年8月19日の楽天戦でのプロ1号以来、9年ぶりのプロ2号本塁打を放った。

 昨年まで通算打率.166の男が、5月19日の試合まで打率.417。打数が少ない(12打数5安打)とはいえ、バッターボックスでもしっかりと結果を出している。


自らも認める地味さ?


 試合を決める、貴重な代打3ランを放った5月18日のヒーローインタビューには城所らしさが出ていた。

「球場のお客さんも、ぼくが出てきて『大丈夫か?』ってなったと思うんですけど、チャンスだったんで思い切っていきました。振ったら飛んだって感じでした」

 自虐を交えて振り返った城所は、自ら会心の当たりの手応えを語った。

交流戦でも待機中!?


 選手層の厚さは球界一と言っても過言ではないソフトバンク。若手も伸びてきており、ベンチに入り続けるだけでも大変。城所も「出たときには、やってやるぞという気持ちでいます」と決意を新たにしていた。

 チームは、5月中旬以降、ベンチ入り捕手を高谷裕亮と鶴岡慎也の2人にしており、有事に備えて城所は捕手の練習もしているという。昨季はケガもあり、わずか1試合の出場に終わっただけに、今年に賭ける意気込みは相当なものがあるはず。

 13年目の中堅が必死に準備し、プレーしているソフトバンク。チーム内が活性化しないはずがない。このままの勢いで、5月31日からの得意の交流戦に突入していきそうだ。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方