週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【勝手にコスパレース2019 5/13〜5/19】あの選手が初のMVP獲得!

文=水原翔

【勝手にコスパレース2019 5/13〜5/19】あの選手が初のMVP獲得!

 高額年俸選手の1勝あたりの金額は?そんな疑問がすぐにわかる、週刊野球太郎の人気企画『勝手にコスパレース!』
 レースに参加した総勢20人の成績を振り返るとともに、今回の週間MVPを発表したいと思います!

コストの算出方法とルールについてはこちら
※成績の後ろの()は1つあたりの金額。年俸は推定。

投手編

5/19までの通算成績は以下のとおり。

■菅野智之(年俸6億5000万)
8登板(8125万)、53 2/3イニング(1211万)
5勝(1億3000万)、47奪三振(1382万)

■メッセンジャー(年俸3億5000万)
7登板(5000万)、44イニング(795万)
2勝(1億7500万)、29奪三振(1206万)

■増井浩俊(年俸3億)
18登板(1666万)、18イニング(1666万)
3H(1億)、13S(2307万)、21奪三振(1428万)

■岸孝之(年俸3億)
1登板(3億)、4 1/3イニング(6928万)
4奪三振(7500万)

■森唯斗(年俸2億8000万)
21登板(133万)、20 1/3イニング(1377万)
1勝(2億8000万)、3H(9333万)、11S(2545万)
25奪三振(1120万)

■ブキャナン(年俸2億7500万)
4登板(6875万)、22 2/3イニング(1213万)
1勝(2億7500万)、10奪三振(2750万)

■ジョンソン(年俸2億7000万)
8登板(3375万)、38イニング(710万)
3勝(9000万)、34奪三振(794万)

■西勇輝(年俸2億5000万)
8登板(1388万)、59イニング(423万)
3勝(8333万)、41奪三振(6097万)

■宮西尚生(年俸2億5000万)
18登板(1388万)、15 2/3イニング(1596万)
1勝(2億5000万)、15H(1666万)、13奪三振(1923万)

■山口俊(年俸2億3000万)
8登板(2875万)、49 1/3イニング(466万)
4勝(5750万)、48奪三振(479万)

週間MVP

増井浩俊(オリックス)

増井が2週連続のMVP獲得。
先週と同じく、今週も3試合に登板し、3イニング、1ホールド、2セーブ、奪三振1の成績を上げたところを評価。
次点はジョンソン(広島)。ジョンソン以外の先発は誰も勝ちがつかず。唯一勝利を上げたところが大きいが投球イニングが6というところがややコスパ的に評価を下げてしまった。

野手編

つづいて野手。

■柳田悠岐(年俸5億7000万)
41打席(1390万)、11安打(5181万)、21出塁(2714万)
26塁打(2192万)、4本塁打(1億4250万)、4盗塁(1億4250万)

■浅村栄斗(年俸5億)
198打席(252万)、48安打(1041万)、76出塁(657万)
89塁打(561万)、11本塁打(4545万)

■坂本勇人(年俸5億)
190打席(263万)、54安打(925万)、78出塁(641万)
97塁打(515万)、13本塁打(3846万)、3盗塁(1億6666万)

■丸佳浩(年俸4億5000万)
185打席(243万)、49安打(918万)、80出塁(562万)
82塁打(548万)、7本塁打(6428万)、5盗塁(9000万)

■バレンティン(年俸4億4000万)
185打席(321万)、36安打(1222万)、49出塁(880万)
68塁打(647万)、9本塁打(4888万)

■山田哲人(年俸4億3000万)
198打席(217万)、41安打(1048万)、93出塁(462万)
79塁打(544万)、9本塁打(4777万)、12盗塁(3583万)

■筒香嘉智(年俸4億)
164打席(243万)、44安打(909万)、66出塁(606万)
80塁打(500万)、10本塁打(4000万)

■内川聖一(年俸4億)
161打席(248万)、38安打(1052万)、49出塁(816万)
51塁打(816万)、3本塁打(1億3333万)、1盗塁(4億)

■松田宣浩(年俸4億)
178打席(224万)、46安打(869万)、51出塁(784万)
82塁打(487万)、9本塁打(4444万)、2盗塁(2億)

■糸井嘉男(年俸4億)
191打席(209万)、48安打(833万)、79出塁(506万)
64塁打(625万)、2本塁打(2億)、2盗塁(2億)

週間MVP

浅村栄斗(楽天)

浅村が初のMVP獲得。6試合に出場し6安打、10出塁、3本塁打は文句なしの成績。
次点は丸佳浩(巨人)。こちらも6安打10出塁だが、本塁打は1本と本塁打の差が出た結果に。とはいえ、1週間の成績としては、こちらも文句なし。

次回もお楽しみに!

文=水原翔(みずはらしょう)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方