週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・福井の有望投手を紹介します!

【福井・投手編】ドラフト関連度 B

健在・北陸の林昌勇!

 本誌巻頭ページでも登場する「北陸の林昌勇(カブス)」こと岸本淳希(敦賀気比)をはじめ中村文英(福井商)、鍬原拓也(北陸)の3投手は特にレベルが高い。岸本の腕の振りと躍動感、中村の視野の広さ、鍬原のダイナミックさに注目してほしい。ただ、鍬原はケガの影響もあり、その特長は鳴りを潜めている。夏に間に合うことを願うばかりだ。

 その他の投手だと、玉村祐典(敦賀気比)が今春に台頭。春季県大会では24回を無失点。140キロ近くまで計測するストレートに変化球の制球力が安定し、投げるたびに自信をつけた。もともと中学(鯖江ボーイズ)時代は、岸本が控えで玉村がエースだった。

 春4強に躍進した羽水の竹澤佳晃は岩瀬仁紀(中日)系統の投手でゴロの山を築く。創部1年目ながら昨秋に4強入りした啓新の2年生エース・矢野隼斗や新チーム以降では上位に食い込めていない福井工大福井の近藤洸も有力な左腕。彼らがセンバツ出場校の牙城を崩せるか。

 中学時代はボーイズリーグの福井県選抜にも選ばれた岸中大作は若狭に入学したばかりだが、春季大会ですでにベンチ入り。今のうちから名前は覚えておいても損はないだろう。同じ1年生では北田悠馬(啓新)は春季大会初戦で先発を任され、期待度は高そうだ。

【注目選手】岸本淳希(敦賀気比)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方