週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2016夏の高校野球】《静岡観戦ガイド》有望選手と大会展望&勢力ピラミッド

7月9日〜26日(静岡県草薙総合運動場硬式野球場ほか)

常葉学園橘、静岡がリードする状況も
下剋上が起きても不思議ではない戦国

☆★☆ 投手編 ☆★☆

●粒揃いの好投手たち


 静岡の筆頭格は最速148キロのストレートとスライダーが武器の横尾蓮太(静清)だ。安定感のある本格派右腕で、低めへの制球力が抜群。相手打者を見ながら頭脳的な投球もできる。

 続くのが村木文哉(静岡)。140キロ台中盤のストレートに加え、打者の手元で落ちるフォークが持ち味。今春は腰痛の影響で登板を回避したが、順調に回復中。2度の甲子園を経験しているだけに、他チームからは一目を置かれる存在となっている。

 谷脇亮介(常葉学園橘)は豪快な腕の振りから、130キロ台後半のキレのあるストレートを投げ込む。決め球にシンカーがあり、昨秋の県大会では1試合で22奪三振(延長13回)をマーク。今春の県大会ではチームを優勝に導いた。

 その谷脇と春の決勝で投げ合った中川真杉(日大三島)も好投手。鋭い腕の振りは変化球でも緩まないのが特徴。牽制、フィールディングも巧みで、投球センスが光る。

 伊藤翼咲(藤枝明誠)は投打両面でプロ注目の逸材。188センチの長身を生かし、力で打者をねじ伏せる。打っても高校通算40本塁打を超える長打力を持つ。逆方向への本塁打も増えてきた。

 昨秋の県優勝投手・川合隼人(掛川西)も忘れてはならない。球の回転が良く、コーナーに投げ分ける制球力が目を引く。春はヒジ痛に苦しんだが、復活すればドラフト前線に躍り出る可能性もある。

 左腕では昨夏の県大会で22イニング連続無失点をマークした井内駿佑(浜松市立)、初速と終速の差が少ないストレートを投げる平林萌(知徳)の名前も挙がる。


▲谷脇亮介(常葉学園橘)

☆★☆ 打者編 ☆★☆

●走攻守で魅せる選手が満載!


 何といっても鈴木将平(静岡)は必見。ドラフト候補にも挙がり、走攻守、どれをとってもスピード感に溢れる。塁に出れば必ず本塁まで還ってくる50メートル5秒8の脚力は、今すぐプロ2軍で通用するとまで言われている。

 栗原健(常葉学園菊川)にもプロのスカウトが熱視線を送る。飛び抜けたスイングスピードを持ち、高校通算本塁打は50本に迫る勢い。ラインドライブのかかった猛烈な打球が飛んでいく。俊足、強肩も魅力だ。

 飛ばす能力なら加藤脩平(磐田東)も負けていない。ボールをのせる技術に長け、広角に長打を放つ。投げても最速141キロと、投手での可能性も秘める。

 捕手の1番手は叺田本気(菊川南陵)。まだ体にキレを欠くが、地肩の強さはピカイチ。二塁ベースに向かい低く伸びる送球で、走者は簡単にスタートを切れない。

 未完の大器として期待されるのが佐藤蓮(飛龍)。ノーステップ打法から芯でとらえたときの飛距離はとてつもない。

 遊撃手では雨宮一成(加藤学園)が県トップクラスの素材。1試合の中で右に左に長打を連発。守っても足の運びが軽やかで将来性が高い。

 そのほか、大型の二塁手としてパワフルな打撃が持ち味の小川慶太(浜松西)、強いスナップスローが印象的な遊撃手・菅沼宏紀(湖西)、身体能力の高い石川寛太(浜名)は上のレベルで活躍が期待できる選手だ。


▲加藤脩平(磐田東)

☆★☆ 大会展望 ☆★☆

●常葉学園橘、静岡が抜けるも混戦


 今年の静岡は例年にも増して戦国といえる。絶対的な本命がない中、エース・谷脇を擁する常葉学園橘が一歩抜けた存在か。対抗は夏3連覇を狙う静岡。春は腰の故障で村木が離脱したが、その分、下級生投手が経験を積めた。ノーシードながら常葉学園菊川も虎視眈々と頂点を狙う。伝統のフルスイング打線は健在。注目1年生・漢人友也の加入で投手陣の層も厚くなった。秋春連続準優勝の日大三島、投打のバランスがいい掛川西にもチャンスがある。

地区勢力ピラミッド

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方