週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

楽天・ゴームズ誕生! プロ野球大物メジャーリーガー獲得の遍歴と与えた影響を追う

 2月4日、東北楽天ゴールデンイーグルスは、前カンザスシティ・ロイヤルズのジョニー・ゴームズ外野手と、契約合意したと発表した。

 メジャー通算162本のパワーヒッターで、近年は不振ながら前年までメジャーで活躍していたバリバリのメジャーリーガーだ。

 近年、メジャーで実績を残した大物選手のNPB参戦は珍しい事ではなくなってきている。その彼等の日本での成績はいかなるものだったのか? 彼らの成績を検証することで、ゴームズの今シーズンの活躍を占ってみたい。

メジャー魂を注入し、勝てるチームを形成


 ここ数年で、メジャーから来た1番の大物といえば、2013年から14年シーズンにかけて楽天でプレーしたアンドリュー・ジョーンズで間違いないだろう。


 メジャー時代の2005年には、51本塁打でホームラン王を獲得するなど、来日外国人最多のメジャー通算434本塁打の記録を手土産に来日。その実績は間違いなく歴代トップクラスであった。

 また、アトランタ・ブレーブスの黄金時代でキャリアの大半を積んできた経験を活かして、創設以来優勝経験のないチームを鼓舞し、日本一へと導いたその様は成績以上の貢献度があったと言えるだろう。

MLB通算
打率.254/434本塁打/1289打点/1933安打

NPB通算
打率.232/50本塁打/165打点/215安打

 同じく、1995年と1998年に千葉ロッテマリーンズでプレーしたフリオ・フランコも、当時弱小であったロッテを牽引し、優勝争いに導いた。そのプレースタイルはもちろんのこと、コンディショニング調整法などもチームメイトに多大な影響を与えた。


日本中を敵に回した最多勝男


 ジョーンズ、フランコのような有能選手もいれば、当然その逆も存在する。

 ブラッド・ペニーは、最多勝挙げた実績を引っさげ、2012年にソフトバンクに入団。多いに期待をされたが謎の肩痛を訴え、わずか3イニングで帰国。診断では、異常は見当たらなかったが、ごり押しで退団となった。

 帰国後、自身のツイッターで、「アメリカに帰れて最高」などと発言したことで、ソフトバンクファンのみならず、日本の野球ファンを敵に回したのは記憶に新しい。

MLB通算
349試合/121勝110敗/防御率4.29

NPB通算
1試合/0勝1敗/防御率10.80

 その他にも、メジャーで4度の首位打者を獲得したビル・マドロック(ロッテ)も不本意な成績に終わっている。

 日本での知名度抜群であったケビン・ユーキリス(楽天)も、出場わずか21試合で退団。無断で帰ったMVP男ケビン・ミッチェル(ダイエー)、阪神ファンには聞くだけでも辛い、神のお告げで帰国したマイク・グリーンウェル(阪神)など、そうそうたるメンバーが顔を連ねる。


優勝請負人は日本でも優勝を成し遂げられるか?


 ゴームズは、上記の選手達と比べると実績面でやや劣る。またメジャーでは対左用のスペシャリストとしての役割で活躍していたため、穴は多い選手であることも否めない。

 しかしゴームズは、チームを鼓舞して盛り上げるキャプテンシーには定評がある。自身のキャリアで、2度のワールドチャンピオン、地区優勝も数多く経験した優勝請負人だ。

 前年最下位に苦しんだ楽天にはうってつけの好漢とも言えるだろう。そんなゴームズが、ジョーンズ、フランコのように成功するのか? はたまた後者のようになってしまうのか? 注目せずにはいられない。


文=井上智博(いのうえ・ともひろ)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方