週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

筆者の秘蔵品も公開! 今年も繰り広げられた限定グッズ争奪戦。カープグッズの奇抜な魅力に迫る!?



 2月1日、全チームが一斉にキャンプイン。その裏で、広島ファンにとって球春の到来を告げる「闘いの1日」が繰り広げられていたのはご存知だろうか?

 2月1日は、今年の広島の球団公式グッズが販売される日だったのだ。毎年の恒例行事とばかり、グッズ争奪戦がこの日もまた勃発した。

 広島の公式グッズの充実ぶりは、ファンならずとも注目を集めている。毎年、販売開始と同時に、球団ホームページはアクセス過多でサーバーダウンをおこしてしまうほど。

 昨季の優勝もあり、今年はアクセスが例年以上にアクセスが殺到し、争奪戦は激化。ファンの歓声と悲鳴が交差した。

 そんな大人気のカープグッズの魅力はどこにあるのか?

 熱烈な広島ファンの筆者が集めたカープグッズコレクションの一部も公開しつつ、今年のカープグッズを紹介。その魅力を検証してみたい。

争奪戦は恒例行事。即完売の限定グッズ!


 毎年、発売される限定グッズの奇抜さも人気の一因といえるだろう。

 毎年、超高額であろうとも、使い道がわからなくとも、即日完売となる限定グッズのなかから、今年、目を惹いたものを2点を紹介しよう。

■選手手形貯金箱(3万円)

 実際にバットのグリップを握りしめた選手の手型を取って作った立体手形貯金箱。ラインナップは新井貴浩、丸佳浩、菊池涼介の3選手。各20個の限定商品だ。シワや血管までもリアルに再現した完成度の高さは衝撃的だ。

■グラブ革ランドセル(¥8万円)

 話題となった大人ランドセルのカープバージョン。グラブの革を用いて作った真っ赤なランドセルは限定50個。希少価値が高く、8万円の高額ながら完売御礼となった。存在感のあるカープの刻印もポイントだ。このド派手なルックスは目立つことうけ合い。ビジネスシーンでも活躍必至!?


 みなさんの購買意欲はそそられただろうか?

 かつてはギター、ソファ、ライン引き、台車など、野球とは関係ないグッズも含めて発売され、完売となった。「限定」という魅力、他人と差をつけたいファン心理が購買意欲を高めるのか? 人気の秘密はここにもあるようだ。

謎のカープ坊やちょうちん!? 筆者の秘蔵カープグッズを公開


 ここからは筆者の秘蔵カープグッズを紹介することで、その人気の秘密に迫りたい。広島ファンの筆者もカープグッズ収集には余念がない。所有する観戦ユニフォームも10着を超える。そのなから選りすぐりグッズを、紹介しよう。

■限定Tシャツ

 カープグッズといえば、サヨナラゲームやメモリアルなトピックスの翌日に販売される限定Tシャツが有名だ。近年のカープ人気で、そのほとんどが発売から数分で完売してしまう。

 筆者が所有するのは2012年と2013年のTシャツ。いずれも石原慶幸の「サヨナラ記念Tシャツ」だ。奇しくも、球団初の限定サヨナラTシャツは2010年の「石原サヨナラ弾Tシャツ」。2014年には「石原6年連続サヨナラTシャツ」も発売されている……。




■手のり坊やちょうちん
 カープ坊やがかわいい「手のり坊やちょうちん」。筆者は2015年にスタジアムでひっそりと売られていたところ、何の気なしに購入。実は限定500個で販売されていたのだが、思惑が外れたようで異例の売れ残り……。売店の隅に追いやられていたのだ。


 オバQのようなカープ坊やが怪しくもささやかに光る様子はなかなかシュール。暗がりに光る怪しい坊やに愛おしさが沸いてくる。そんな逸品だ。

 筆者は小銭入れや、iPhoneケースといった日常的な携帯品にもカープグッズを使っている。それがファンのたしなみというものだ。今年もたくさんの新グッズを入手したいと思う。



ファンがハマるカルト的奇抜さ!?


 現在の広島の爆発的人気は、このように奇抜で楽しいカープグッズがきっかけだったという説もある。

 用途すらも無視し、奇をてらったグッズの数々は持つだけで優越感にも浸れる。それがファン心理というものだ。そんなくすぐりポイントを手玉に取った巧みな手法と実行力たるや恐れ入る。

 しかし、筆者を含め、その手法に進んでハマる者が後を絶たないほどの魅力があることは確か。そして、それもこれもカープが魅力的だからこそなせる技なのだろう。さぁ、今年も新たなグッズに身を包み球場に繰り出そう。


文=井上智博(いのうえ・ともひろ)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方