週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

プロ野球報道・春の風物詩 各球団の「007」を驚かせた選手や球団にクローズアップ


 ライバル球団を調べあげるスパイとして、スコアラーのことを「007」と呼ぶ風潮があるプロ野球界。

 今年も各球団の007が、ライバル球団のキャンプを訪れて選手を視察。しかし多くの場合は、弱点を見つけるどころか注目した選手に驚かされ、舌を巻くコメントを残している。

 そこでどんな選手が007の度肝を抜いたのか、チェックしていこう。

更に進化した日本のエース!


 日本ハムの大谷翔平と言えば160キロを超えるストレートが代名詞だが、それを生かすため、このキャンプでチェンジアップを習得した。

 それを韓国のKIAタイガースとの練習試合で披露したところ、開幕戦で対戦するロッテをはじめとするパ・リーグの007から悲鳴が上がった。

 特にロッテのスコアラーは「普通に打てないのに」と言うなど、完全にお手上げ状態。早くもパ・リーグの火は消されそうな勢いである。


それぞれの助っ人にビクビク


 今季の開幕戦で対戦する阪神と中日の007は、それぞれのチームに新入団した外国人に戦々恐々な様子。

 阪神はキャンプ早々から柵越えを連発したダヤン・ビシエド(中日)の怪力に「寒いのにしっかりと振れている」と、仕上がりの良さに目を丸くしていた。

 一方で中日は、阪神のマット・ヘイグを警戒。当初はアベレージヒッターという触れ込みだったが、実際にフリーバッティングを見てみると、豪快なフルスイングをするイメージとは真逆の選手だった。

 助っ人外国人選手は、シーズンが始まってみないと全貌はわからない。しかし、用心するに越したことはない。007がどんな対策を講じてくるのか、楽しみである。


現役時代とは違う監督としての顔


 また阪神は、今季から適応される「コリジョンルール」を活用するべく、実戦打撃でランナー一・三塁からエンドランを仕掛けるという作戦を披露した。

 このシーンを見た他球団の007の中には身を乗り出した人もいたそうで、「阪神はこういったケースで動いてくる」という意識を植えつけることに成功した模様。

 金本知憲監督は、選手時代は豪快なイメージだったが、監督としては緻密なプレーも織り交ぜてくるのか。007にそう考えさせるだけでも、心理面でリードしたと言えるだろう。

007は彼らを丸裸にできるのか!?


 他にもヤクルトの山田哲人、ソフトバンクのサファテなど、007を震撼させている選手はまだまだいる。

 007はシーズンが始まっても彼らに震えさせられるのか、それともチェックしたデータを元に分析して返り討ちにするのか。ライバルチームの選手とひいきチームの007の戦いからも、目が離せない!

文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方