週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 滋賀みどころ】林、吉田、伊藤…ハイレベルな投手戦!色とりどりの強力選手が集う近江野手陣

投手編〜光泉の二枚看板に要注目

吉田力聖
 プロ注目の投手として名前が挙がっているのが吉田力聖(光泉)だ。最速144キロのストレートには力があり、本人は高卒でのプロ入りを熱望している。春は右ヒジの炎症で1試合の登板に留まったが、万全の状態なら間違いなく県内一の本格派だ。その吉田を球速で追い抜いたのが同期の伊藤有哉。5月の練習では145キロを計測している。速球派コンビで旋風を巻き起こせるか。

 昨年の甲子園で素晴らしい投球を見せた林優樹(近江)の存在感も際立っている。得意球のチェンジアップは超高校級。秋を終えてからストレートにも磨きをかけており、難攻不落の投手となりつつある。夏に向けて冬場は体力強化に努めてきたが、林の負担を減らすためにも他の投手の台頭が待たれる。

 滋賀学園のWエースもレベルが高い。左腕の尾ア完太と右腕の竹本徹はともに経験値が高く、安定感抜群。ストレートでも変化球でもカウントが取れる実戦派だ。

 秋の近畿大会出場に大きく貢献した菊地凜(近江兄弟社)はストレートに力のある本格派左腕。スタミナもあり、エースとして頼れる存在だ。2番手候補の横井覚は最速143キロを投げる速球派。制球力を磨いて菊地の負担を減らしたい。

 中谷凌(彦根東)は制球力の高い技巧派左腕。リリーフエースの根元龍馬は球速以上の勢いのあるストレートを投げ込む。
 緩い変化球を武器とする左腕の藤元潤法(虎姫)や速球派の上藤佑太(滋賀短大付)は春に頭角を現した。

 ストレートとスライダーのコンビネーションが絶妙な千田岳良(伊吹)も好投手として期待したい。

野手編〜逸材揃いの近江

有馬諒
 近江は昨夏の経験者が主力選手となり、能力の高さを存分に発揮している。その筆頭格が主将で正捕手の有馬諒。二塁送球が1秒8台の強肩と投手の長所を引き出すリードの評価は高く、捕手としての能力は高校トップクラスだ。
 昨夏の甲子園で大会最高打率を記録した住谷湧也は抜群のミート力を持つ。今年は中軸を打ち、打線の
要となっている。2年生遊撃手の土田龍空は攻守にポテンシャルが高く、来年のドラフト上位候補。試合前ノックでは1年秋の時点で3年夏当時の植田海(阪神)と遜色ない動きを見せていた。

 比嘉天佑(滋賀学園)は昨年からチームの主力として活躍する巧打者。難しい球もヒットにできる対応力が素晴らしい。3番・比嘉の後ろを打つ谷田竜也と武川廉の長打力にも注目だ。

 高卒でプロ入りを目指しているのが捕手のフェントン・ライアン(光泉)。細身だが身体能力が高く、主将として大きな声を出して懸命にチームを盛り立てる姿には好感が持てる。

 梅村亮(高島)は中学時代に野球から離れ、陸上部で走幅跳の選手として活躍していた変わり種。運動能力が高く、守備範囲の広い中堅手として活躍している。

 2年生の台頭も著しい。秋に出場機会のなかった石津翔伍(草津東)や近藤大暉(綾羽)は一冬を越えて急成長し、チームの中軸を任されている。いずれも長打力があり、今後が楽しみだ。

大会展望〜連覇を狙う近江が大本命

滋賀地区勢力ピラミッド
昨夏から県内では負けなしの近江が頭一つ抜けている。
林−有馬の黄金バッテリーを崩すのは容易ではなく、野手にも住谷や土田らタレントが揃う。
打倒近江の一番手は春準優勝の滋賀学園。
山口達也監督は「林攻略の絵は描けつつある」と自信を見せている。
秋準優勝の近江兄弟社と春4位の綾羽は総合力が高く、上位進出の可能性が高い。
140キロ超え投手を二人擁する光泉は注目のダークホース。
公立では春3位の彦根東を筆頭に北大津、草津東、高島、水口などに力がある。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方