週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【1951】戦後初の外国人選手・与那領要が初打席で見せた、衝撃的な戦法とは?

プロ野球選手にも、いろいろなデビューがあるが、与那嶺要(ウォーリー与那嶺/当時巨人)のデビューは衝撃的なプレーだった。ハワイから来日したばかりの与那嶺の初打席は、中日戦で2点を追いかける試合終盤。無死一、二塁というチャンスで代打として打席に。そこで、与那嶺が見せたのはセーフティーバント。当時の日本の野球にセーフティーバントという概念はなく、選手もファンも目が点になったという。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方