週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【1966】“投げる精密機械”小山正明が無四球試合のNPB新記録樹立!

小山正明(当時東京)が無四球完投で通算58試合目の無四球試合を成立。戦前を中心に活躍した野口二郎(元セネタースほか)が持つ記録を上回り、NPB新記録を打ち立てた。“投げる精密機械”というニックネームの通りの高い制球力が如実に現れた大記録だ。1973年に現役を引退するまでに73試合まで伸ばしたものの、1983年10月5日に鈴木啓示(元近鉄)がさらに更新し、78無四球試合がNPB記録となっている。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方