週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【1949】因縁のカードで勃発!三原ポカリ事件を知っているか?

後楽園球場で行われた巨人対南海の9回表、南海の攻撃時に併殺プレーをきっかけに両軍の選手が小競り合い。そこに飛び込んだのが、巨人を率いていた三原脩監督。相手選手の頬をひっぱたき、ファンはもちろん、両軍の選手を驚かせた。両軍の間には、別所毅彦(当時は別所昭)を巡る移籍騒動が勃発。「別所引き抜き事件」をきっかけに、因縁のカードとよばれた試合で三原監督は「最初から殴ってやろうと思った」と告白している。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方