週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【プロ野球「あいつ今季、何してた?」投手編】2ケタ勝利の若松駿太(中日)に鉄腕候補の戸根千明は…

【プロ野球「あいつ今季、何してた?」投手編】2ケタ勝利の若松駿太(中日)に鉄腕候補の戸根千明は…

 大谷翔平(日本ハム)のエンゼルス移籍が決まった。ルーキー時代から1軍で活躍。実績を残した上で夢のメジャーリーグへ羽ばたいた。まさにロードマップ通りに歩みを進めている。一方で、1軍で一時ブレイク、またはドラフト時に注目を浴びたものの、それ以降に名前を聞かなくなった選手がいる。

 週刊野球太郎では連載『2017年プロ野球「あいつ今季、何してた?」』では、そんな今シーズン「消えた(ように見える)選手」を、近況を交えて取り上げたい。第1回は投手編。

チェンジアップで脚光を浴びた若松駿太は……


 2012年ドラフト7位で祐誠高から中日へ入団した若松駿太。高校時代は甲子園とは無縁で目立った成績を残していない。その若松が突如ブレイクしたのは3年目の2015年だった。

 4月半ばからローテーション入りを果たすと交流戦で初勝利を達成。8月には完封勝利を含む4連勝をマークし、月間MVPに輝く。最終的には2ケタ勝利となる10勝を挙げた。そんなブレイクを果たした若松には、翌年以降のローテーション候補として大きな期待が寄せられた。

 その武器となったのは野球ゲームからヒントを得たというチェンジアップだ。ストレートと同じ軌道で打者に向かってくるこのボールで打者を幻惑し、凡打の山を築いていた。

 しかし、ブレイク以降は打ち込まれることも多くなり、2016年こそ7勝をマークしたが、今季はわずか1勝。2年前のブレイクから一転、来季は背水の陣となる。5年連続Bクラスとなったチームにとって、2ケタ勝利を期待できる投手の存在は大きい。かつてのエース・吉見一起とともに復活を期待したい。

戸根千明が果たしたい「鉄腕」襲名


 2014年ドラフト2位で日本大から巨人に入団した戸根千明。左の中継ぎとしてルーキーイヤーの2015年からはやくも46試合に登板。1勝1敗、1セーブ、5ホールド、防御率2.88の成績をマークした。翌2016年は防御率4.50と悪化したものの、42試合に登板。鉄腕・山口鉄也に衰えが見え出した時期に現れた救世主のはずだったのだが……、今季は森福允彦の加入、自身の不調もあり2軍暮らしが続いた。

 その2軍では48試合に登板して2勝3敗、18セーブ、防御率1.76と好成績を残し、最多セーブを記録。2軍の打者相手には貫禄をみせたが、1軍では6試合の登板で1勝0敗、防御率6.75と戦力になったとは言い難い。

 リリーフ投手は短命だと言われるが、山口は9年連続して60試合以上に登板した。戸根はここでへばるわけにはいかない。打撃陣の世代交代が叫ばれる巨人だが、左の中継ぎ投手も同様だ。来季は山口からバトンを受け継ぎ、世代交代を完了させたい。


新たな高校球児の在り方を提言した立田将太


 2014年ドラフト6位で日本ハム入団にこぎ着けた立田将太。大和広陵高時代は、故障のリスクが高まるような間隔で登板せず、プロ入り後の活躍を目指してトレーニングを行った。甲子園が大目標の高校球児にとって、過度な投げ込みは誰しもが通ってきた道。しかし、立田は“将来”を最優先するポリシーを貫いた。

 立田の姿勢に賛否両論が起こったが、立田が成功すれば高校野球の在り方が変わるかもしれない、とも言われた。

 その立田は3年目となった今季まで1軍登板はない。2軍では今季21試合に登板し、5勝8敗、防御率6.00と今ひとつ。また、防御率以上に目立つのが、57回で49四球という与四球の多さだ。来季は制球を磨き、まずは1軍で登板を。そして、己を貫いた先のドラマを見せてほしい。


文=勝田聡(かつた・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方