週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

正田耕三が1試合6盗塁で逆転盗塁王! 今こそ振り返りたいカープの歴史に輝くタイトルホルダーたち!!


 昨シーズン、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島。優勝チームらしくジョンソンが外国人投手としてはバッキー(阪神)以来、52年ぶりとなる沢村賞に輝き、野村祐輔が最多勝を獲得とタイトルホルダーを排出。また、新井貴浩が2000安打、黒田博樹が日米通算200勝と大記録を達成した。

 今季の連覇にも選手個人の力は必要不可欠だ。ということで、広島の歴史の中で誕生したタイトルホルダーのなかから、特に記憶に残る選手を挙げ、今シーズンの広島から生まれそうなタイトルホルダーを予測してみたい。

広島野球の象徴するタイトルは盗塁王


 広島の伝統的な野球スタイルといえば機動力野球。この機動力野球を語る上で盗塁は欠かせない。これまでにスピードスター・高橋慶彦、トプルスリー・野村謙二郎、緒方孝市ら、そうそうたる顔ぶれが盗塁王のタイトルを獲得している。その数、実に18回。

 特に1990年代は、野村が3回、緒方が3回、と10年間で6度のタイトルを獲得。盗塁王こそ、まさに広島のタイトルホルダーの象徴といっても過言ではない。

 そんな広島の盗塁王のなかでも、特に印象的な選手は誰か? ここは正田耕三を挙げたい。

 正田は好守のスイッチヒッターで首位打者を2回獲得(1987年、1988年)。広島の二塁を長く守り続けた名手でもあった。その正田が盗塁王として、なぜ印象的なのか? それは、獲得達成のドラマがあまりにもセンセーショナルだったからである。

 1989年、盗塁王争いは最終戦までもつれた。タイトルを争ったのは正田と笘篠賢治(ヤクルト)。ヤクルトは広島より早く全日程を終了しており、笘篠は32盗塁で、2位の正田に4つの差をつけていた。

 笘篠の盗塁王は揺るぎない。野球ファンの多くはそう確信していた。しかし、正田は最終戦で1試合6盗塁という離れ業を見せ、奇跡の大逆転。盗塁王を獲得したのだ。1試合6盗塁。これは、現在も破られていない日本記録。タイトルのかかった試合で6つもの盗塁を決めた技術と精神力には、記録以上の価値がある。この逆転劇こそ、広島史上、最も印象に残るタイトル獲得の瞬間だった。

 昨シーズンは、田中広輔がリーグ2位の28盗塁を記録。今シーズンは盗塁王の獲得に期待がかかる。しかし、盗塁成功率は.609と成功率は低い。成功率の向上が盗塁王獲得への課題だ。

三振か本塁打。記憶に残る本塁打王はランス!


 広島はこれまでに8回、本塁打王を輩出している。歴代4位の536本塁打を放ったミスター赤ヘル・山本浩二を始め、江藤智、新井貴浩、直近では2014年にエルドレッドがタイトルを獲得した。

 この偉大な本塁打王のなかで、最も記憶に残るスラッガーにはランスを挙げたい。プロ野球史上唯一の「最低打率で本塁打王を獲得」という珍記録を持つ男だ。

 1987年、ランスは引退した山本浩二の後釜と期待され入団。当たれば果てしなく飛んでいく強烈なパワーを武器に、同年、見事に本塁打王を獲得した。

 しかし、このランス。「当たれば飛ぶ」のだが、なかなかバットにボールが当たらないのが特徴……。39本塁打で本塁打王に輝いたものの、打率は規定打席に到達した打者のなかで最下位の.218(403打数88安打)。三振数は最多の114個。まさに三振か本塁打というギャンブル要素の強いスラッガーだった。

 88安打のうち本塁打が39本。安打の半数近くが本塁打となるそのロマンは、30年近く経った今も、広島ファンの心に刻まれている。

 広島は、2005年に新井貴浩が本塁打を獲得して以来、長らく日本人の本塁打王が誕生していない。待望の「和製本塁打王」を期待できる選手といえば、堂林翔太ではないだろうか?

 本人は中距離ヒッターと自認しているようだが、スタンドまで広角に運べる長打力はスラッガーとしてのロマンに溢れている。レギュラー争いから一歩後退し、背水の覚悟で挑む今シーズン、新井に弟子入りするなど精神面から鍛え直そうとしている。

 期待の男・堂林が覚醒すれば和製本塁打王の誕生も夢ではない!?


誕生なるか3年連続の沢村賞投手!?


 先述した通り、昨シーズンはジョンソンが沢村賞を獲得。2015年シーズンは前田健太が沢村賞。2年連続で沢村賞投手を輩出している。もし、今シーズンも沢村賞投手が生まれれば、1956年から1958年にかけて国鉄(現ヤクルト)が成し遂げて以来の「3年連続同一チームから沢村賞投手排出」という快挙となる(国鉄は3年とも金田正一が受賞)。

 投手力の強い今の広島ならば、その可能性はある。

 今シーズンも記憶に残るタイトルホルダーが誕生することを大いに期待したい。


文=井上智博(いのうえ・ともひろ)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方