週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

センバツレビュー/山梨学院大付、白鴎大足利、前橋育英、佐野日大、豊川、明徳義塾編

山梨学院大付高編


 初戦の福知山成美高戦、山口大輔はもちろん先発だったが、5回途中、8安打5四球4失点で降板。立ち上がりから変化球のコントロールが不安定で、苦しいピッチングとなってしまった。

 ただ、指にかかったときの130キロ台のストレートと、タテ割れの大きなカーブのキレは昨秋からの成長を感じさせるもの。まだ本格的にピッチャーを始めてから1年未満。これからの伸びシロは十分にある。

 惜しまれるのは、左対左でアウトコース一辺倒になってしまったこと。元来、インコースに投げられるタイプだけに、ホームベースを広く使って、幅のあるピッチングをしていきたい。



白鴎大足利高編


 初戦でタイムリーを含む4本の二塁打を放ち、存在感を見せた大下誠一郎。大会後は、2年生ながら高校日本代表の一次候補に選出された。右投右打で長打が打てる外野手という点が、評価されたのであろう。

 スイングスピード、インパクトの強さは2年生の中では図抜けている。アウトコースに対してしっかり踏み込み、逆方向にも飛ばせる技術を持つ。

 ただ、気になるのはピッチャー方向から見て背番号がくっきり見えるぐらい、左肩を入れてトップを作るところ。一線級のピッチャーがインコースを攻めてきたときに、どこまで対応できるか。今後、インコースのさばきに注目していきたい。



前橋育英高編


 甲子園37イニングで5失点。準々決勝では2点リードした7回裏からリリーフでマウンドにあがるも、3連投の疲れからか、腕が振れずに本来のピッチングができなかった山田知輝。

 ただ、疲れた中でもコーナーを丁寧に突いて、試合を作れるのが強み。ピッチャーの生命線となるアウトローを主体にして、打者の近いところに緩い変化球を放り、カウントを整えられる。セオリーでは、「内に速い球、外に緩い球」となるが、山田は「内に緩い球、外に速い球」と、逆パターンの攻めも使える。抑えるコツを知っているピッチャーである。

 まだ新2年生。投げ方がいいだけに、体の成長とともに、スピード、キレともに伸びていくはずだ。

佐野日大高編


 甲子園4試合すべてに完投。準々決勝・龍谷大平安高戦の中盤は、腕を本来の位置よりもやや下げて投げていた田嶋大樹。それだけ疲れていたということだろう。

 それでも、1、2回戦で見せた140キロを超えるストレートと、右打者の膝モト、左打者の外へ投じるスライダーのキレは「大会No.1左腕」の称号にふわさしいものだった。

 ただ、レベルが上がれば打者の技術も上がり、攻めのバリエーションが求められてくる。左打者の内、右打者の外をこれからどう使っていけるか。

 特に左打者への攻め方だ。外一辺倒でも、田嶋の力を持ってすればある程度は抑えられるだろう。だが、プロを見据えるのであれば、今からホームベースを広く使って抑えることに意識を向けてほしい。

豊川高編


 ベスト4入りした豊川高のエース・田中空良は、センバツで大きく評価を上げた。準々決勝では特に体の使い方が洗練されていたし、投球も上手くなっていた。準決勝こそ炎上したが、疲労の影響もあり“参考外”と考えるべきだろう。

 プロ球団のスカウトも、成長した田中の姿に驚いていた。
 「今年に入り、スムーズに肩が回り、きれいに腕が使えるようになった。一時はリストから落とそうかとも思っていたけど、今はむしろ、ドラフト下位ならかかる可能性はある。スタミナはないが、横のスライダーが良い球になっていた。それを生かして中継ぎの適性もありそう」(パ・リーグ球団スカウト)。

 ただし、慎重論のスカウトも少なくない。
 「プロで投げている姿が想像しにくい。体も細いし、ストレートがズバンとくるわけでもない。こういうタイプの右投手はたくさんいるし、大学に進むなどワンクッション置いたほうがいい」(セ・リーグ球団スカウト)との声もある。

 いずれにせよ、センバツでの快投で田中が“全国区”になったのは確か。不安定な部分を残していた昨秋を思えば、想像をはるかに超える心技体の進化だった。



明徳義塾高編


「これで岸(潤一郎)もスタミナがないことがわかったでしょう」と敗戦後の佐藤洋部長。このスタミナとは単に序盤から全くボールが走らなかった「体のスタミナ」だけを指すのではない。

 佐野日大戦で1つあげれば、5-5の同点、11回表2死満塁で4番・稲葉恒成を迎えたシーンである。体をオープン気味にしての明らかに内角待ち。しかも外角のカットボールを全くタイミングが合わず2度空振りしているにもかかわらず、内角のストレートで内野安打を許してしまった。これは「判断」という言葉におきかえられる「頭のスタミナ」が不足していた。

 続く5番・小泉奎太にも簡単に三遊間を破られ、決定的な7点目を許したのも、いわば「心のスタミナ」不足。今大会を通じて岸には防げるミスがあまりにも多すぎた。

 エースのエゴは、チームの命取りとなることは、これでさすがに理解できたはず。彼が明徳義塾高を頂点に導き、そして上を目指す気があるのならば、もう一度自分と向き合い、ガムシャラさを出して最後の夏に臨んでほしい。



 その一方で、堅実な守備と右方向を意識した打撃を認められ、18Uアジア選手権日本代表一次選考選手に入った二塁手・森奨真。3試合連続マルチヒットと暴れまわった新4番・西岡創太など、脇役的選手が活躍。佐野日大高戦では田嶋大樹からも集中打を放つなど左腕克服にも光が見えたセンバツ。

 複数選手の早期スタメン獲得が噂される新入生たちを加えた夏に彼らが目指すものは、当然2002年以来となる12年ぶり2度目の全国制覇である。



■関東地区担当ライタープロフィール
大利 実(おおとし・みのる)/1977年生まれ、神奈川県出身。中学軟式野球ライターとして草分け的存在。著書に『中学の部活から学ぶ わが子をグングン伸ばす方法』(大空ポケット新書)、神奈川でしのぎを削る監督たちのライバル模様を描いた著書『高校野球 神奈川を戦う監督(おとこ)たち』(日刊スポーツ出版社)がある。メルマガ『メルマガでしか読めない中学野球』も大好評配信中。


■東海地区担当ライタープロフィール
尾関 雄一朗(おぜき・ゆういちろう)/1984年生まれ、岐阜県出身。新聞記者を経て、現在は東海圏の高校、大学、社会人を精力的に取材している。今年は母校・名古屋大のドラフト候補・七原優介の動向が気になっている。


■四国地区担当ライタープロフィール
寺下 友徳(てらした・とものり)/1971年生まれ。2007年2月より関東から愛媛県松山市に移住し、四国の野球・スポーツを追求中。『週間サッカーダイジェスト』(日本スポーツ企画社)、 『サッカー批評』(双葉社)他、多数媒体での執筆実績あり。人間として幅を広げると同時に、新たな業態へのチャレンジも。Twitterアカウントは@t_terashita

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方