週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

斎藤佑樹(日本ハム)の背番号が「18」から「1」へ変更! 日本ハム歴代「背番号1」を振り返る


サプライズな背番号変更!


 日本ハムは陽岱鋼(巨人)のFA移籍と村田透(元インディアンズ)の新加入にともなって、以下3選手の背番号変更・決定を発表した。

斎藤佑樹:背番号18→1
岡大海:背番号31→18
村田透:背番号31

 日本ハムでは近年、「背番号1は主に中堅手」というイメージがあっただけに今回の「斎藤・背番号1」はちょっとしたサプライズだ。

 本来なら外野手の岡大海が「1」を引き継ぐのが順当だった気もするが、漫画「エースをねらえ!」の主人公と同じ名前の岡をエースナンバーである「18」にするあたりが面白い。

 昨季、1軍で未勝利だった斎藤佑樹は、新しい背番号で心機一転となるのか? 日本ハム歴代の「背番号1」の選手を振り返って、今後の比較材料としてみたい。

※日本ハム以前の前身球団は除く

日本ハム黎明期から東京ドーム時代の「背番号1」


大下剛史(1974年)
菅野光夫(1975年〜1985年)
広瀬哲朗(1986年〜1998年)
阿久根鋼吉(1999年〜2003年)

 大下剛史は日本ハムとしての「初代背番号1」の選手だが、今となっては「広島の選手、コーチ」の印象が強い。

 菅野光夫は選手、コーチとしても日本ハムひとすじの好選手。コーチ退任後は鎌ヶ谷の選手寮の寮長としても球団に貢献した。

 現役引退後にタレント活動もしていた広瀬哲朗は、「日本ハム背番号1=ファンサービスのパフォーマー」の起源かもしれない。今でも広瀬の応援歌「男はつらいよ」のテーマ曲が強く印象に残る。


北海道にチームを定着させたSHINJO!


SHINJO(2004年〜2006年)

 メジャーから日本球界に復帰したSHINJOの在籍3年間はきわめて濃密。

 個性的なファンサービス、球宴史上初となる単独本盗、ストライキ明け直後の走者追い越し・サヨナラ「柵越え」単打、そして開幕直後の引退表明と日本一を達成しての引退……。

 SHINJOの残したファンサービスという財産は、今なおチームに息づいている。

数多の優勝を支えた森本稀哲、陽岱鋼


森本稀哲(2007年〜2010年)
陽岱鋼(2013年〜2016年)
※2011年、2012年は欠番

 SHINJOから指名を受けて「背番号1」を受け継いだ森本稀哲は、ファンサービス、外野守備、つなぎの野球と後継者としてあらゆる面で奮闘した。

 昨季まで「背番号1」をつけていた陽は、以前の番号だった「24」時代がちょっと思い出せないくらい「1」が似合っていた。栗山英樹監督に「日本一」と評されるその守備力は、チームの危機を何度も救った。

 移籍先の巨人でも、変わらぬ活躍を見せてほしい。


文=サトウタカシ (さとう・たかし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
2018ドラフト特集 野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方