週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

自らの現役時代に重ねる活躍を! 日本ハム・吉井理人投手コーチの所有馬がデビュー


 今季、4年ぶりに日本ハムに復帰を果たした吉井理人投手コーチは、大の競馬ファンとしても知られている。

 その吉井コーチが所有する競走馬・フォーシームが、1月23日に中山競馬場で行われた新馬戦(芝1600メートル)でデビューした。

 この日の天候は晴れ、馬場状態は良。単勝8番人気でレースに臨んだフォーシームは、まずまずのスタートから中団あたりでレースを進める。しかし勝負どころの直線4コーナーから直線にかけて伸びを欠き、馬群に埋もれたままゴール。残念ながら16頭立ての12着に沈んだ。

 レース後、吉井コーチは、

「とにかく、無事、デビューできて一安心です。次は、掲示板にのることを目指して、がんばります。」

 と、自身のブログでその心境を語った。


馬名の由来は?


 ちなみに、馬名のフォーシームとは、いわゆる直球の意味。豪速球投手の強く速いストレートをイメージして名付けたそうだ。吉井コーチ自身の現役時代の決め球はツーシームで、こちらは打者の手元で変化する球だが、競走馬は真っ直ぐ走ってもらわないと困ることから、ツーシームではなくフォーシームにしたという。

 そんなフォーシームは、父がダイワメジャー、母がマイヴィヴィアンという3歳牝馬。おそらく、ちょっとした競馬ファンならピンときたのではないだろうか。そう、なかなかの血統なのである。


まだまだ見限れぬ血統


 父のダイワメジャーは、現役時代に皐月賞や秋の天皇賞など最高峰のG1レースを5勝した名馬で、2015年のJRA種牡馬ランキング4位。種牡馬としても優秀だ。そして、母のマイヴィヴィアンは、現役時代は未勝利に終わったが、繁殖に上がって、日本ダービーなどG14勝のメイショウサムソンを産んでいる。

 父のダイワメジャーも兄のメイショウサムソンも、年齢を重ねても活躍しただけに、フォーシームも、初戦で敗れたことはそう悲観することでもない。

 なお、現役時代の吉井コーチも、1983年秋のドラフトで近鉄から2位指名を受け入団しながら、初勝利を挙げたのはプロ4年目の1987年。そこから、ヤクルト、ニューヨーク・メッツ、コロラド・ロッキーズ、モントリオール・エクスポズ、オリックス、ロッテと、メジャーも含めた7球団を渡り歩き、2007年で引退するまでに、385試合に登板し、89勝82敗62セーブという成績を残した。最初から華々しい活躍をしていた選手では、決してなかったのだ。

 フォーシームは、順調ならまた数週間後にレースに出走することになるだろう。まだまだ挽回のチャンスはあるので、今後の走りに注目だ。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方