週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【パ・リーグ開幕スタメン予想】ルーキーでは清宮幸太郎(日本ハム)、田中耀飛(楽天)ら3人が起用?

【パ・リーグ開幕スタメン予想】ルーキーでは清宮幸太郎(日本ハム)、田中耀飛(楽天)ら3人が起用?

 契約更改、移籍、自主トレ、結婚などの話題がメインとなるこの時期の球界だが、そうこうしている間にキャンプが始まるのが毎年の常。週刊野球太郎では一足早く開幕スタメンを予想。この予想を踏まえてキャンプやオープン戦をチェック、来るべき2018年シーズンへの楽しみを膨らましてもらえれば幸いだ。今回はパ・リーグの開幕スタメンを予想してみる。

ソフトバンク


1(中堅):柳田悠岐
2(遊撃):今宮健太
3(DH):デスパイネ
4(一塁):内川聖一
5(左翼):中村晃
6(三塁):松田宣浩
7(右翼):上林誠知
8(捕手):甲斐拓也
9(二塁):明石健志
投手:千賀滉大

 日本一となった昨年とメンバーの変動はほとんどなく2018年の開幕を迎えられそうなソフトバンク。ここではポストシーズンでハマっていた「1番・柳田悠岐」プランを採用したが、クリーンアップを打つ形も十分考えられる。

 守備面で流動的なのは二塁と右翼。二塁は川島慶三や本多雄一、川崎宗則、右翼には長谷川勇也や福田秀平といったところが控えており、打撃の調子や相手の先発投手で変動しそうだ。投手陣は、先発、リリーフとも引き続き高いレベルをキープしている。開幕投手は、今季、最高勝率をマークした千賀滉大と見る。

西武


1(中堅):秋山翔吾
2(遊撃):源田壮亮
3(二塁):浅村栄斗
4(一塁):山川穂高
5(捕手):森友哉
6(三塁):中村剛也
7(DH):メヒア
8(右翼):金子侑司
9(左翼):外崎修汰
投手:菊池雄星

 1〜4番はある程度計算できるラインナップ。続く森友哉、中村剛也、メヒアら今季はケガや不調に泣いた選手たちが本来の力を出せるなら、かなり厚みのある打線となる。森のポジションは、守備面に目をつぶって捕手で使うのではないか。辻発彦監督も本人もその気だ。これがうまくいけば、DHにメヒアを起用できるメリットも生まれる。

 懸念は、開幕投手と見る菊池雄星に続く先発陣だろう。新外国人のカスティーヨ、FAで去った野上亮磨の代わりに巨人から移籍してきた高木勇人、さらには若手の高橋光成、多和田真三郎の奮起があればどうにかメドが立つ。


楽天


1(遊撃):茂木栄五郎
2(二塁):藤田一也
3(右翼):ペゲーロ
4(三塁):ウィーラー
5(一塁):銀次
6(左翼):田中耀飛
7(DH):アマダー
8(中堅):島内宏明
9(捕手):嶋基宏
投手:則本昂大

 2番・ペゲーロ、3番・ウィーラー、4番・アマダーと、外国人トリオが名を連ね話題となった昨季の楽天打線だが、ペゲーロの故障、アマダーの不調もあって、交流戦あたりから3人が並ぶことは激減。ここでは彼らを離すオーダーを想定した。

 この時期だからこそできる希望的観測で、6番・左翼に大抜擢したのはドラフト5位ルーキーの田中耀飛(兵庫ブルーサンダーズ)。独立リーグ・ベースボールファーストリーグの二冠王(首位打者&本塁打王)の豪快なスイングをぜひ見てみたい選手だ。開幕戦先発は、則本昂大で不動。


オリックス


1(遊撃):安達了一
2(二塁):大城滉二
3(右翼):吉田正尚
4(中堅):ロメロ
5(左翼):T-岡田
6(一塁):マレーロ
7(DH):中島宏之
8(三塁):小谷野栄一
9(捕手):若月健矢
投手:金子千尋

 2014年にゲーム差なしの2位になって以降、3年連続Bクラスに甘んじているオリックス。2017年も、春先はよかったものの、故障者が続出したこともあって結局は4位に終わってしまった。ただ、このスタメンが実現し、各選手が持ち味を出せるようだと、かなりの破壊力を秘めた打線となる。

 投手陣は、金子千尋、ディクソン、山岡泰輔らが計算でき、即戦力と目されるドラフト1位ルーキー・田嶋大樹(ドラ1)も加わった。クローザーは、メジャー渡った平野佳寿の代わりに、日本ハムからFA移籍した増井浩俊が務める。


日本ハム


1(中堅):西川遥輝
2(遊撃):中島卓也
3(右翼):近藤健介
4(一塁):中田翔
5(三塁):レアード
6(DH):清宮幸太郎
7(左翼):大田泰示
8(捕手):鶴岡慎也
9(二塁):横尾俊建
投手:有原航平

 オーソドックスに考えればDHに近藤健介、右翼には松本剛となるが、7球団競合の黄金ルーキー・清宮幸太郎(早稲田実)を開幕スタメン「6番・DH」に大抜擢してみた。もちろん、キャンプやオープン戦で結果を出すことが前提だが、大器と期待される若手を重用する栗山英樹監督だけに、開幕スタメンの可能性は低くないと見る。

 大野奨太が抜けた扇の要・捕手には、5年ぶりに古巣に戻った鶴岡慎也の起用があるか。開幕投手は有原航平だろうが、新人や新外国人選手のなかから複数の担い手が出てこないとローテーションを回すのは厳しくなりそう。


ロッテ


1(中堅):荻野貴司
2(遊撃):藤岡裕大
3(三塁):鈴木大地
4(左翼):角中勝也
5(DH):ドミンゲス
6(一塁):福浦和也
7(右翼):清田育宏
8(捕手):田村龍弘
9(二塁):中村奨吾
投手:石川歩

 昨季は歴史的な大敗を喫したロッテ。井口資仁新監督が就任し、心機一転、巻き返しを図りたいところ。しかし、戦力補強がそれほど進んでいるようには現状見えない。それなら、2000安打まで残り38本の福浦和也を起用し、ZOZOマリンスタジアムの熱量を高めていくのも手だろう。

 メジャー通算42本塁打のドミンゲスは、日本野球にマッチするようなら、得点力不足解消にひと役買いそう。ドラフト2位の藤岡裕大(トヨタ自動車)は、今季の源田壮亮(西武)や京田陽太(中日)のような活躍が期待できる好素材だ。投手陣は、石川歩の復活が待たれる。開幕投手を務め上げ、エースとしてローテーションの中核を担いたい。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方