週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【ドラフト特集・カテゴリー別[一芸選手]名鑑】一芸に秀でたオススメ候補を部門別に選出!


 プロの世界で飯を食べていくには、走攻守の能力が高いことはもちろんだけど、特定の能力が抜きん出ていることも必要。いわゆるスペシャリストだ。

 ここでは『野球太郎 No.020 ドラフト直前大特集号』で、ドラフトライター・蔵建て男氏が執筆した「厳選ピックアップ カテゴリー別[一芸選手]名鑑」を一部抜粋。

 「未来のスペシャリスト」になり得る一芸に秀でたドラフト候補選手を、部門別に紹介していこう。

一芸選手:投手編


【球威部門】
瀧中瞭太(龍谷大・右投右打)

 バットを押し込むボールの強さは大学球界でも屈指。ズドーンとミットに収まるボールを見よ!(※プロ志望届は提出しておらず、来季は社会人でプレーする予定)

【三振奪取部門】
田村伊知郎(立教大・右投左打)

 侍ジャパン大学日本代表のリリーフ投手は、キレキレの快速球が持ち味。

【変化球部門】
濱口遥大(神奈川大・左投左打)

 落差の大きなチェンジアップが武器。右打者が苦手にしそうなタイプ。

【投球術部門】
近藤均(王子・右投右打)

 昨秋もドラフト候補に挙がった近藤は、プロの投手かと見まがうほどの巧みな配球で勝負。

【リリーフ部門】
水野滉也(東海大北海道・右投右打)

 サイドハンドからの投球が、名リリーバーの鹿取義隆(元・巨人ほか)を彷彿とさせる。

【個性派部門】
今村亮(東海大海洋学部・右投右打)=写真

 観客に「えっ?」と思わせる変則フォームから、140キロ超のストレートを連発。もちろん対戦相手もビックリ。

一芸選手:野手編


【快足部門】
泉祐介(花園大・外野手・左投左打)

 トップスピードまでの加速が速い、純粋な脚力があるタイプ。全国的には無名だがブレイクなるか。

【強肩部門】
山崎裕貴(Honda・捕手・右投右打)

 捕手の強肩代表は山崎。取ってから投げるまでの流れが素晴らしく、二塁到達タイムが秀逸。

【守備部門】
源田壮亮(トヨタ自動車・遊撃手・右投左打)

 社会人トップクラスの守備力を誇る。神経の行き届いたプレーは必見!

【長打力部門】
森山恵佑(専修大・外野手・左投左打)

 星稜高の大先輩・松井秀喜(元・ヤンキースほか)を彷彿とさせる、圧倒的な飛距離が魅力。

【アベレージ部門】
佐藤拓也(立教大・外野手・右投左打)

 アマチュア球界屈指のバットコントロールを誇る。ハイレベルな野球にも順応できる天才肌。

【個性派部門】
福田周平(NTT東日本・遊撃手・右投左打)

 気持ちを前面に押し出すガッツマン。大学時代は快足で鳴らしたが、社会人野球で打撃も磨かれた。


見ていて楽しいスペシャリスト


 ここまで12部門で1人ずつ選手を紹介してきたが、気になる選手は見つかっただろうか?

 『野球太郎 No.020 ドラフト直前大特集号』では、ほかにも一芸選手をリストアップしているので、ドラフト前にチェックしておくと楽しみが増えるはずだ。


(※本稿は『野球太郎No.020』に掲載された「厳選ピックアップ カテゴリー別[一芸選手]名鑑」をリライト、転載したものです)


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方