週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・埼玉の展望、ライターのみどころ、注目選手リストはこちらです!

<埼玉県の主な注目選手>
投手・小島 和哉(浦和学院・2年)
175センチ72キロ/左投左打
センバツV左腕。打者の左右に関わらず思い切って懐を突ける度胸と制球は◎

投手・山口 瑠偉(浦和学院・3年)
184センチ83キロ/右投左打
将来性豊かな長身右腕。立ち上がりの不安解消されれば大化けする可能性も

投手・西澤 大(春日部共栄・3年)
176センチ72キロ/左投左打
鋭い腕の振りが特徴の速球左腕。昨年から主戦で投げており試合経験も豊富

投手・芝崎 純平(埼玉栄・3年)
183センチ80キロ/右投右打
いかにも投手っぽい体型、キレイなフォームから回転のいいストレートを投じる

投手・川畑 諒太(聖望学園・3年)
174センチ66キロ/右投右打
投球動作全体は上手投げも回転と腕の出はサイド。それが球威あるクセ球の源

投手・関口 明大(花咲徳栄・3年)
179センチ82キロ/右投左打
指で弾くようなストレートは球威抜群。球筋のバラつき減らして精度高めたい

捕手・若月 健矢(花咲徳栄・3年)
178センチ80キロ/右投右打
二塁送球の軌道が投手の身長より低い強肩に一発長打も魅力のドラフト候補

三塁手・田 涼太(浦和学院・3年)
180センチ79キロ/右投右打
捕手と三塁をこなすソツのない選手。4番の打撃やリーダーシップも“力”あり

遊撃手・竹村 春樹(浦和学院・3年)
175センチ73キロ/右投左打
前のゴロに流れを保ったまま捕球→送球の動き◎。プレーも泥臭くなってきた

遊撃手・渋谷 悠(鷲宮・3年)
175センチ65キロ/右投左打
2番打者としてチーム打撃に徹する一方、時折見せる軸回転の綺麗な打も魅力

<大会展望>
センバツV・浦学打倒に燃える各校

 打倒浦学──。元々県内に響いていたフレーズだが、今春のセンバツ優勝により、その気勢はさらに高まった。だが、実際に対抗できるチームは、後ろにピタリついて来ている花咲徳栄以外には、2年生中心ながら能力の高い選手が揃う春日部共栄、軸になるエースがいる埼玉栄、聖望学園、そして、昨秋ブロック大会で敗退した悔しさを糧にこの春快進撃を果たし、関東大会にコマを進めた鷲宮くらいか。夏の大会では、上位校を蹴散らすような伏兵の出現に期待したい。

地区内勢力ピラミッド


<コラム>
埼玉県勢初の夏制覇へ

 今春のセンバツで浦和学院が優勝したことにより、1968年春の大宮工以来、2度目の全国制覇となった埼玉県勢。だが、まだ夏の選手権では優勝がない。全国には埼玉以外にも熊本、岡山など意外な地域も含めて夏制覇の経験がない県が20もある。今夏の埼玉代表は、春夏連覇を目指す浦和学院か、もしくはその浦和学院を押しのけるチームが甲子園に臨むことになる。埼玉の高校野球ファンにとって、県勢初となる夏の全国制覇への期待は、例年以上に高まりそうだ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方