週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《プロ野球コスパランキング》球団別編・総年俸からチーム1失点あたりの金額を割り出してみた!!

プロ野球を「コストパフォーマンス」で見ていくこの企画。今回のテーマは「チーム総失点数」だ。どのチームが「失点に対してお金をかけて防ごうとしたのか」が見えてくるはず。まずは、8月末時点での各球団が1失点に擁した額を算出してみよう。


球団  総年俸  失点 1失点の値段
1 ソ 47億1940万円 376 12,551,596円
2 巨 46億5430万円 378 12,312,963円
3 オ 38億3895万円 456 8,418,750円
4 神 33億4720万円 477 7,017,191円
5 広 25億7341万円 399 6,449,649円
6 ヤ 27億3780万円 451 6,070,510円
7 中 25億5247万円 433 5,894,850円
8 ロ 24億5155万円 469 5,227,186円
9 西 24億5620万円 489 5,022,904円
10 日 23億4395万円 467 5,019,165円
11 楽 23億6890万円 473 5,008,245円
12 横 22億6610万円 498 4,550,402円

日=日本ハム・横=DeNA・西=西武・ロ=ロッテ・ヤ=ヤクルト・広=広島・中=中日・楽=楽天・神=阪神・ソ=ソフトバンク・巨=巨人・オ=オリックス

失点に対してお金をかけている球団は?


1失点に対する最高値はソフトバンクで約1255万円。

ちなみにほぼ近しい額で2位につけているのが巨人で約1230万円。

総年俸でも他の10球団を圧倒して高額な2球団が、「チーム総失点数のコスパ」でもそのままの順位に落ち着いた形だ。

だが、現在の順位で見比べると、パ・リーグの首位を爆走するソフトバンクに対して、セ・リーグ3位に甘んじている巨人。近しい投資額でこの差が生まれる背景は、「守り」で得た勢い、波を攻撃に転化できているかどうか、ではないだろうか。

『髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである』と語ったのはソフトバンク・オーナーである孫正義。まさに前進あるのみの「攻めの守備」が功を奏しているといえるだろう。

巨人としてはチーム防御率も12球団唯一の2点台。守りでもうこれ以上できることはないはずだ。正念場の残り1ヶ月、テーマは間違いなく得点力。そして来季に向けても、攻撃と防御に対する金額の割振りをどうするかが、これからの大きな課題といえる。



失点に対してお金をかけなかった球団は?


では、今度はランキング下位を見ていこう。最安で1失点を献上しているのはDeNAで約455万円。1位のソフトバンクとは実に800万円近い差が生じている。
12球団最安の総年俸がこの数字を生んだ要因のひとつだが、もうひとつの要因は12球団最多の総失点数であるのは間違いない。

DeNAの課題は何と言っても先発投手陣だ。中継ぎのエレラ、抑えの山ア康晃を中心とした救援陣の数字はそこまで酷いものではないが、先発の柱である久保康友、三嶋一輝、三浦大輔が揃って防御率4点台。今季、打ち勝つ野球で序盤のセ・リーグをリードしたDeNAだが、これではその後の急落も頷けるというもの。

そんな「失点のバーゲンセール中」ともいえるDeNAだが、今日8日(火)からの2週間、ヤクルト戦→巨人戦→ヤクルト戦→阪神戦と、優勝争い真っただ中の上位3チームとの戦いが続く。つまり、今季セ・リーグ優勝の鍵をDeNAが握っているのだ。



お得意様だからと得点を献上することなく、堅実経営でセ・リーグをさらに盛り上げてもらいたい。

※次回はチーム得点のコスパを検証します!


■ライター・プロフィール
オグマナオト/1977年生まれ、福島県出身。広告会社勤務の後、フリーライターに転身。「エキレビ!」、「AllAbout News Dig」では野球関連本やスポーツ漫画の書評などスポーツネタを中心に執筆中。『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』(新紀元社)では構成を、『漫画・うんちくプロ野球』(メディアファクトリー新書)では監修とコラム執筆を担当している。近著に『福島のおきて』(泰文堂)。Twitterアカウントは@oguman1977(https://twitter.com/oguman1977)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方