週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【1957】日本の現職の総理大臣としては初めて始球式登板!

メジャーリーグでは大統領が始球式を行うのは珍しくないが、日本の総理大臣がプロ野球の始球式で登板したのは、1957(昭和32)年のセ・リーグ開幕試合、3月30日の巨人対国鉄戦での岸信介が初めて。その後、2013(平成25)年5月に行われた長嶋茂雄と松井秀喜国民栄誉賞の授与式では、式が終了後、松井が投げ捕手に原辰徳、打席に長嶋、審判に現役総理の安倍晋三という布陣で始球式風の記念セレモニーが行われている。なお、安倍は岸の孫にあたる。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方