週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【勝手にコスパレース2019 6/3〜6/9】交流戦最初のMVPは誰の手に!?

文=水原翔

【勝手にコスパレース2019 6/3〜6/9】交流戦最初のMVPは誰の手に!?

 高額年俸選手の1勝あたりの金額は?そんな疑問がすぐにわかる、週刊野球太郎の人気企画『勝手にコスパレース!』
 レースに参加した総勢20人の成績を振り返るとともに、今回の週間MVPを発表したいと思います!

コストの算出方法とルールについてはこちら
※成績の後ろの()は1つあたりの金額。年俸は推定。

投手編

6/9までの通算成績は以下のとおり。

■菅野智之(年俸6億5000万)
9登板(7222万)、59 2/3イニング(1089万)
6勝(1億083万)、54奪三振(1203万)

■メッセンジャー(年俸3億5000万)
9登板(3888万)、55 2/3イニング(628万)
3勝(1億1666万)、38奪三振(921万)

■増井浩俊(年俸3億)
24登板(1250万)、23 1/3イニング(1285万)
3H(1億)、17S(1764万)、29奪三振(1034万)

■岸孝之(年俸3億)
4登板(7500万)、24 1/3イニング(1233万)
2勝(1億5000万)、23奪三振(1304万)

■森唯斗(年俸2億8000万)
28登板(1000万)、27 1/3イニング(1024万)
2勝(1億4000万)、3H(9333万)、17S(1647万)
33奪三振(848万)

■ブキャナン(年俸2億7500万)
7登板(2454万)、38 2/3イニング(711万)
1勝(2億7500万)、19奪三振(1447万)

■ジョンソン(年俸2億7000万)
11登板(2454万)、56イニング(482万)
5勝(5400万)、52奪三振(519万)

■西勇輝(年俸2億5000万)
10登板(2500万)、71イニング(352万)
3勝(8333万)、50奪三振(500万)

■宮西尚生(年俸2億5000万)
25登板(1000万)、21 1/3イニング(1172万)
1勝(2億5000万)、20H(1250万)、21奪三振(1190万)

■山口俊(年俸2億3000万)
11登板(2090万)、68 1/3イニング(336万)
5勝(4600万)、72奪三振(319万)

週間MVP

森唯斗(ソフトバンク)

腰痛で戦線離脱していた菅野も今週復帰し、コスパレース参加者10人が一同にそろった1週間。 そんななか、交流戦初のMVPは4試合に登板し4セーブを上げた森唯斗に決定。
宮西尚生も4試合に登板して3ホールドと好投。

野手編

つづいて野手。

■柳田悠岐(年俸5億7000万)
41打席(1390万)、11安打(5181万)、21出塁(2714万)
26塁打(2192万)、4本塁打(1億4250万)、4盗塁(1億4250万)

■浅村栄斗(年俸5億)
271打席(184万)、64安打(781万)、105出塁(476万)
118塁打(423万)、14本塁打(3571万)

■坂本勇人(年俸5億)
261打席(191万)、74安打(675万)、103出塁(485万)
143塁打(349万)、21本塁打(2380万)、4盗塁(1億2500万)

■丸佳浩(年俸4億5000万)
254打席(177万)、66安打(681万)、104出塁(432万)
107塁打(420万)、9本塁打(5000万)、5盗塁(9000万)

■バレンティン(年俸4億4000万)
199打席(221万)、49安打(897万)、70出塁(628万)
94塁打(468万)、13本塁打(3384万)

■山田哲人(年俸4億3000万)
274打席(156万)、58安打(741万)、122出塁(352万)
114塁打(377万)、14本塁打(3071万)、16盗塁(2687万)

■筒香嘉智(年俸4億)
230打席(173万)、59安打(677万)、94出塁(425万)
107塁打(373万)、13本塁打(3076万)

■内川聖一(年俸4億)
214打席(186万)、50安打(800万)、63出塁(634万)
73塁打(547万)、5本塁打(8000万)、2盗塁(2億)

■松田宣浩(年俸4億)
249打席(160万)、66安打(606万)、78出塁(512万)
117塁打(341万)、12本塁打(3333万)、3盗塁(1億3333万)

■糸井嘉男(年俸4億)
262打席(152万)、63安打(634万)、101出塁(396万)
87塁打(459万)、4本塁打(1億)、5盗塁(8000万)

週間MVP

松田宣浩(ソフトバンク)

4度の受賞を誇る、山田哲人(ヤクルト)も5試合で4安打、8出塁、2本塁打、2盗塁と好成績。
しかし、そんな山田を抑えて今週のMVPに輝いたのは松田宣浩。
6試合に出場し、8安打、10出塁、2本塁打と大暴れ。
今週はソフトバンクの2人がMVPに輝いた1週間となりました。

次回もお楽しみに!

文=水原翔(みずはらしょう)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方