週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・大阪の有望投手を紹介します!

【大阪・投手編】ドラフト関連度C

タイプが異なる実力派左腕

 今年は有力校を見渡すと、左の主戦が実に多い。春の投球で一気に注目度を上げたのが本野一哉(金光大阪)。173センチの超細身ながら、ことごとく打者を詰まらせる球筋は一級品。体の側面で左腕が隠れるフォームも魅力。東野龍二(履正社)は体重をしっかり乗せて投げ込んでくるストレートに見た目以上の力がある。チェンジアップとのコンビネーションが秀逸。

2年生ながら春に片鱗を見せ、夏の投球が楽しみになったのが島原達也(太成学院大高)。186センチの上背から130キロ台後半のストレートには来季の主役級の期待もかかる。

 高い能力で早くから評価されながら実戦でその力を十分に発揮できていないのが平田将(大産大付)。ストレートのキレは十分で最後に力を見せるか。梅田翔悟(大商大堺)はチェンジアップの精度が増し、試合をしっかり作れるようになった。

 昨秋、府大会ベスト8の立役者となったのが朝倉優翔(堺東)。力感のあるストレートが持ち味だが、春の大会で左手に打球直撃のアクシデントがどうか。

 金光大阪で本野と両輪を形成する阪下剛、太成学院大高で1番をつける近藤龍平、センバツで先発も経験した大阪桐蔭の網本光佑、春ベスト4、大商大高の中西誠も試合を作れる左腕。

 右腕では大阪桐蔭のサイドハンド・葛川知哉と素質は高い西涼太。葛川はセンバツ前に右足を故障、春の府大会でもヒジに違和感があり大事を取った。西はメンタル面の課題を抱え、ここまで期待通りの活躍ができずにきた。春はベンチから外れ、徹底的に鍛え直し最後の夏に賭ける。

 春の府大会で完全試合を達成した阪本大樹(履正社)は小柄ながら角度のあるストレートとスライダーのコンビネーション。藤岡大士(桜宮)は182センチから投げ込む本格派。マウンドに上がれば140キロ台を投げ込む林田竜郎(大商大堺)も能力は高い。

【注目選手】東野龍二(履正社)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方