週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

《2017先取り高校生ドラフト候補:東海・北信越編》星稜の「ゴジラ2世」に東海大会王者のエース!


 ドラフトマニアも高校野球ファンも必見! 週刊野球太郎では2017年のドラフト戦線をにぎわす高校球児を、連載企画「2017先取り高校生ドラフト候補」で全6回にわたって地区別に紹介。

 第4回は東海・北信越編。古豪から新勢力までがしのぎを削る両地区の逸材は彼らだ!

【投手】清宮に敗れた左腕・池谷蒼大(静岡)、再び甲子園を目指す右腕たち


■森圭名(富山第一)
 がっしりしたお尻まわりが特徴の右腕。140キロを超えるストレートと左打者の膝元に食い込むスライダーを主な武器としている。腕の振りに頼った投球フォームがやや気になるが、強気にストレートで押していくスタイルは将来性を感じさせる。タイプとしては東海大市原望洋・島孝明(ロッテ3位)に似ている。

 今夏は主力投手としてチームの甲子園出場に貢献。自身も聖地のマウンドを経験した。新チーム移行後はエースとして北信越大会出場に導くも初戦敗退。試合のたびに大量失点と無失点を交互に繰り返すなど、安定感に欠ける部分を克服したい。

■池谷蒼大(静岡=写真)
 左打者から大きく逃げるスライダーと140キロを超えるストレートが武器の左腕。新チームからエースの座につき、今秋の東海大会優勝の立役者となった。

 1学年上の村木文哉が故障で不在のなか、春から急成長を遂げた。先の神宮大会では早稲田実と対戦。清宮幸太郎に対し、インサイドを攻め切れず、悔いの残る敗戦を経験した。左打者の体を起こすための制球力が当面の課題だ。

■渡辺啓五(いなべ総合学園=写真)
 実際の球速以上のスピードを感じさせるストレートを持つ右腕。ゆったりとした左足の踏み込みと素早いボールのリリースが特徴の投球モーションで相手打者のタイミングをずらす。球速も140キロを超えており、タイミングをつかむのは難しい。

 右打者の外角低めから逃げていくスライダーのキレも抜群。しかし制球に課題を残す。今春のセンバツ初戦では延長10回に暴投でサヨナラ負け。捕手の手前でワンバウンドしたスライダーがそのままバックネットまで転がっていった。苦い思い出を糧として、さらなるレベルアップを期待したい。



【野手】ゴジラ2世・寺西建(星稜)、北信越王者のリードオフマン・北川智也(福井工大福井)


■寺西建(星稜=写真)
 根上中から星稜高に進んだ立派な体格の左打者。あの松井秀喜氏(元巨人ほか)と多くの共通点を持つ「ゴジラ2世」。豪快なスイングで驚異的な飛距離を誇る。投手もこなすが、先のステージでは外野手として期待したい。

 今夏に甲子園デビュー。2安打を放つも、先発登板で3失点を喫し、初戦敗退。不完全燃焼で聖地を去った。それでもリーチの長さを生かした打撃には、大きなスケールを感じさせた。地道な基礎練習で土台を作り、その上に持ち前のパワーを加えたい。



■八木雅也(北陸)
 広角に打ち分けながら、シンプルに内野の間を抜く打撃が持ち味。盗塁にも果敢にトライする積極性も持ち合わせ、攻撃においては意識の高さがプレーに表れている。

 守備はゴロを処理する際のハンドリングにときおり堅さが見られる。一塁以外のポジションを守れるようだと、将来は明るい。

■北川智也(福井工大福井)
 長打力を兼ね備えた左打者。リードオフマンとして、選球眼の良さも持ち合わせる。旧チームでもレギュラーとしてセンバツに出場。今秋の北信越大会で優勝し、2年連続甲子園出場をほぼ確実なものにした。

 難しいバウンドの処理を落ち着いてこなす二塁手。走塁の判断もよく、塁に出た後も相手の脅威となる存在。外角高めのボールを擦る傾向が見られるので、このコースをファウルでカットできるようになれば、より恐い選手になれるだろう。


文=長嶋英昭(ながしま・ひであき)
東京生まれ、千葉在住。小学校からの友人が、サッカーのU-18日本代表に選出されたことがキッカケで高校時代から学生スポーツにのめり込む。スポーツの現場に足を運びながら、日本各地の観光地を訪れることが最大の生きがい。現在はアマチュアカテゴリーを中心にスポーツ報道の仕事に携わっている。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方