週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

2013夏・西東京の有望投手を紹介します!

【西東京・投手編】ドラフト関連度 C

球威がある好投手が多数

 今年も日大三の猛威は健在。昨秋は都大会8強止まりだったが、春から徐々に選手が目立ってきた。

 投手では主戦の大場遼太郎のストレートが力強い。小柄な体ながら、背負い投げのように全身をフルに使った投法で常時140キロ台を叩き出す。今春の関東大会で148キロを記録した2年生の三輪昂平も注目。オリックスで活躍した父・隆(現楽天コーチ)のDNAを受け継いだサラブレッドだ。

 一方、他校のイチ押しは大橋優太(日大鶴ヶ丘)。ストレートは130キロ台ながら、頭の真上からリリースする投球は低めに決まると角度がある。カーブ、チェンジアップなど多彩な変化球を低めに集められる制球力もあり、力だけに頼らぬ組立てができる右腕だ。

 サイドより少し上の腕の位置から球威あるストレートを投げ込む内野聖士郎(創価)も面白い。右打者の背中からくる球筋は恐怖感を覚える。ベルトの高さに集まりがちな制球の甘さを解消したい。

 一方、センバツ出場の早稲田実は、回転のきれいなストレートが魅力の二山陽平をはじめ、西山諒、戸谷光助といった左腕が揃う。中でも2年生の立川尚登は注目。181センチの上背から両サイドへ投じるストレートは球威がある。

 また、高橋優貴(東海大菅生)もいい。今春の二松学舎大付戦はミスも絡んで0対22と大敗を喫したが、滑らかな腕の振りから一直線に伸びるストレートは秀逸だ。

【注目選手】大橋優太(日大鶴ヶ丘)


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方