週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2015夏の高校野球】《長野観戦ガイド》有望選手と大会展望&勢力ピラミッド

7月11日〜26日(松本市野球場ほか)

センバツ出場・松商学園中心に混戦模様
長野日大・川上はじめ長身右腕に熱視線

☆★☆ 投手編 ☆★☆

●大型右腕、本領発揮なるか


 まずは二人の大型右腕に注目したい。鳴物入りで入学した185センチの川上清敬(長野日大)がいよいよ最終学年を迎える。角度のある140キロ前後のストレートが魅力だが、パワーピッチングというより柔らかく肩やヒジを使えるところが評価を高めている。この夏、大一番でその圧倒的な能力を発揮できるかが飛躍のカギとなるだろう。

 もう一人は182センチのスリークオーター片塩響介(長野工)。春の大会では地区2、3回戦でいずれも14三振を奪う“信州のドクターK”。左打者も苦にせず、鋭く曲がるスライダーは空振りして打者の体に当たることも。高校から本格的に投手を始めた、発展途上の右腕だ。

 この春センバツ大会に出場した松商学園のエース・恩田佑哉、その松商を地区大会で破った松本第一の立石潤、伊那弥生ヶ丘の金田裕亮ら正統派右腕の仕上がりも気になるところだ。

 左では、2年生のときにセンバツを経験した平林俊太(東海大三)が面白い。思い切りのいい腕の振りからキレのあるストレートとスライダーを投げる半面、四死球を連発するクセもある。ただ、小さくまとまりたくはない。今後どのように成長していくか、見守りたい。一方、昨秋、54年ぶりに北信越大会に進んだ小諸商のエース・矢嶋航大は制球がまとまり、安定感が増している。

 2年生で楽しみなのは草海光貴(上田西)。バランスのいいフォームから伸びのあるストレートとスライダーを低めに集める。左の中野太輔(長野商)も1年生の夏の大会から経験があり、球威、制球、キレいずれも高い次元にある。2人ともマウンド度胸があり、マウンドさばきにも優れ、投手に不可欠な要素を備えている。

他にも楽しみな2年生がいる。変則右横手の徳田涼介(松商学園)がその一人だ。徳田は球威こそないが、好不調の少ない投球で先発、リリーフとどんな場面でも持ち味を出し続けることができる。


▲川上清敬(長野日大)

☆★☆ 打者編 ☆★☆

●しのぎ削る巧打の中距離打者たち


 全般にスラッガータイプが少ない中、右の田辺直輝(佐久長聖)と左の本木優太(地球環境)のパンチ力が光る。田辺は昨夏の甲子園でも4番に座り、右中間に長打を記録した。本木はこの春の地区予選でスタンドに叩き込んだが、プレー中に見舞われたケガの回復が気がかり。左では県内屈指のパワーヒッターだけに、夏に間に合えばその打棒で魅了してほしい。

 一方、巧打の中距離ヒッターは少なくない。左では三井崇平(上田西)、右では新倉健太(松商学園)、橋爪高彬(長野日大)、吾妻光一朗(小諸商)、2年生の牧秀悟(松本第一)が、中軸に座り得点源になっている。

 俊足巧打で注目したいのは、50メートル5秒台の百瀬雅也と船ア星矢の松商学園コンビ。昨夏の甲子園に出場した2年生の元山飛優(佐久長聖)も三拍子揃った逸材である。

 この他、投手部門でも登場した川上と片塩は、打撃でも4番に座る強打が持ち味だ。草海も、投手で出場しないときはサードで中軸を任されるだけの打撃センスを備えている。


▲船ア星矢(松商学園)

☆★☆ 大会展望 ☆★☆

●激戦必至! ノーシードにも実力校


 センバツ甲子園に24年ぶりに出場した松商学園の仕上がりに注目が集まるが、春季大会では投手陣がいま一つ。ここに、投手力にやや不安を残すも総合力の高い昨夏王者の佐久長聖、左2枚が強力な長野商、投打の軸・川上擁する長野日大、攻守でスキの少ない上田西などがからんできそう。夏のシード校は比較的順当な顔ぶれとなった半面、それ以外にも有力私立や小諸商など実力校がひしめく。大会序盤から“ビッグカード”の組み合わせも想定され、シード校も気が抜けない。

地区勢力ピラミッド

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方