週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

昨季のCSファイナルを振り返って検証。広島は今季も日本シリーズに進出できるか!?

昨季のCSファイナルを振り返って検証。広島は今季も日本シリーズに進出できるか!?

 リーグ優勝を決め、日本シリーズに向けてあとはCSファイナルステージでの勝利を祈るのみになった広島。

 昨季のCSはどうだったのかを振り返り、今季のCSを予想してみたい。

2016年CSファイナルステージ成績


■第1戦
広島 5対0 DeNA

DeNA 000|000|000=0
広島 002|000|21X=5

勝:ジョンソン
敗:モスコーソ

 広島は3回裏、3番・丸佳浩、4番・新井貴浩の連続タイムリーで2点を先制。投げてはジョンソンが完封で幸先よく先勝した。

■第2戦
広島 3対0 DeNA

DeNA 000|000|000=0
広島 101|000|01X=3

勝:野村佑輔
敗:三嶋一輝

 丸佳浩のタイムリーで先制すると、野村佑輔、今村猛、ジャクソン、中崎翔太の継投で2試合連続無失点に抑えて完勝。アドバンテージの1勝を合わせて早くも日本シリーズ進出に王手をかけた。

■第3戦
DeNA 3対0 広島

DeNA 000|210|000=3
広島 000|000|000=0

勝:井納翔一
敗:黒田博樹

 DeNAは伏兵・エリアンの一発で先制。投手5人をつぎ込み意地の1勝を挙げた。

■第4戦

広島 8対7 DeNA

DeNA 022|002|100=7
広島 601|010|00X=8

勝:岡田明丈
敗:今永昇太

 広島は初回に新井貴浩、鈴木誠也の連続タイムリー、エルドレッドの3ランで大量6点を先取。しかし、DeNAも梶谷隆幸、ロペスの一発などで猛烈に巻き返し。最後は1点差で広島が逃げ切り、何とか日本シリーズ進出を決めた。勝負の分かれ目はDeNAの4番・筒香嘉智を5打数0安打に抑えきったことだろう。

総括:DeNAとの対戦は避けたい!?


 昨季と今季の広島で大きく違うのは先発陣の経験。黒田博樹が引退し、さらにはジョンソンが本調子ではなく、20代の投手に先発マウンドを任せる試合が多くなる。野村佑輔、岡田明丈らが昨季の経験を生かせるか。薮田和樹がシーズン通りの投球ができるかなど、不安定な要素はまだまだ多い。

 ただし、打線の粘り強さや畳みかけは信頼できる。昨季は鈴木誠也がやや苦しんでいたが、周りが補って余りある活躍。特にベテランの新井貴浩やエルドレッドは、気持ちが空回りする投手を的確に捉えることができ、今季もここぞの場面で大きな仕事をやってくれるだろう。

 早く優勝が決まったことでリリーフ陣もしっかりリフレッシュできるはず。3位はDeNAと巨人のデッドヒートになっているが、もし、いずれかと対戦することになれば、リリーフ陣は広島にアドバンテージがありそうだ。

 ただし、今季もDeNAはあなどれない。広島は9月20日時点で、巨人戦は16勝7敗、阪神戦は14勝9敗1分と大きく勝ち越しているが、DeNA戦は11勝12敗と五分。特にロペスは今季広島戦で打率.351、6本塁打と大爆発しており、筒香嘉智も広島戦で3割を超える打率をマークしている。

 広島打線はDeNA投手陣を苦にしてはいないが、願わくば巨人、阪神とファイナルステージを戦いたいところだろう。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方