週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 京都みどころ】好投手の酒井と遠藤。最後に笑うのは?長距離砲・山下を先頭に楽しみな2年生

投手編〜右の速球派に好投手多数

遠藤慎也
 右の本格派が充実している。その代表格が遠藤慎也(京都翔英)だ。最速145キロのストレートは威力十分。彼を京都一の投手と評価する他校の指揮官もいるほどだ。控えの岩井俊介もスピードでは遠藤に負けていない。制球力の高い今井大志を含めて強力な投手陣を形成している京都翔英は注目の存在だ。

 酒井海央(京都国際)はグラブを高く上げる独特のフォームから最速147キロのストレートでガンガン押していく。春は不調だったが、森井舜也(立命館宇治)の勢いあるボールは魅力的。2年生の林翔大(乙訓)は粗削りながら本格派投手としての素質を感じさせる。原田英彦監督から「ハシビッシュ」と呼ばれている橋本幸樹(龍谷大平安)は潜在能力が高く、センバツでその片鱗を見せつけた。

 抜群のコントロールを武器とする小橋翔大(福知山成美)と藤川紘斗(京都すばる)の丁寧な投球も見ものだ。

■左の技巧派も充実
 左腕にも好投手が目白押し。センバツで好投を見せた野澤秀伍(龍谷大平安)は低めへの制球力が高く、右打者へのチェンジアップも有効だ。カーブを武器とするライバルの豊田祐輔の奮起にも期待したい。

 北ア響生(塔南)と生駒拓也(京都国際)は変化球を低めに集める技巧派。俗に言う“高校野球で勝てる左投手”だ。打たせて取る投球が身上の古牧岳登(福知山)は秋に福知山成美を11回途中まで無失点に抑える好投を見せた。
 制球力に課題は残るが、伸びのあるストレートを投げる木要(立命館宇治)にも期待したい。

野手編〜2年生スラッガーに注目!

水谷祥平
 2年生に楽しみな打者が多いが、中でも注目してほしいのが山下航汰(京都外大西)。180センチ70キロと細身だが、タイミングを取るのがうまく、既に通算20本以上の本塁打を放っている。
 奥村真大(龍谷大平安)はチャンスに強く、ガッツを前面に出す選手だ。春季大会は体調不良で欠場したが、夏には復帰できる見込み。
 打撃技術の高い早真之介と、とてつもない長打力を秘める釣寿生(ともに京都国際)は来年のドラフト候補になりそうだ。

 3年生にも注目選手はいる。今年のドラフト指名を目指す上野響平(京都国際)は軽快で堅実な守備が持ち味。将来、守備で飯を食える選手になる素質がたっぷりある。同じ遊撃手では東原成悟(福知山成美)や吉田元輝(京都外大西)も攻守にレベルが高いプレーを見せる。

 水谷祥平(龍谷大平安)はここ一番での勝負強さが光る。主将としての堂々とした振る舞いにも注目だ。
 中村志遠(乙訓)は打席から長距離打者としてのオーラを感じさせる。春にはチャンスでの強さも身について、4番らしい4番になってきた。
 長距離砲では湊佳大(東山)と森脇詩月(京都文教)が気になる存在だ。

 捕手では原陽太(福知山成美)のフレーミングのうまさに注目してほしい。春は腰痛の影響で代打のみの出場だったものの、清水颯(塔南)は強打の捕手として期待できる選手だ。

大会展望〜京都国際は甲子園初出場なるか?

京都地区勢力ピラミッド
近年稀に見る大激戦となりそうだ。春優勝の京都国際は投打に戦力が充実し、悲願の甲子園初出場が見えてきた。
センバツ8強の龍谷大平安は投手力が高く、打線も水谷、奥村を中心に勝負強さが光る。
秋優勝の福知山成美はエースの小橋を中心に粘り強い野球を展開して春夏連続の甲子園出場を狙う。
総合力の高い乙訓や立命館宇治、投手力のある京都翔英や塔南も優勝を狙える力がある。
「打線は京都一」と上羽功晃監督が自負する京都外大西の復権にも期待したい。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方