週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 秋田みどころ】140キロクラスが点在し魅力たっぷり 負けじと腕を磨く野手で輝くのは誰だ!?

投手編〜第2の輝星は現れるか

佐野雷流
 侍ジャパンU-18代表の1次候補選手に選ばれ、研修合宿に参加した西岡海斗(秋田修英)。2年春からエースとなり、球威あるストレートを低めに集め、多彩な変化球を織り交ぜた投球で、昨秋、県大会初優勝に導いた。春は地区予選の初戦で横手に10安打されて敗れており、公式戦不足が気になるが、夏に輝きを取り戻したい。

 昨夏は金足農の吉田輝星(現日本ハム)が大フィーバーを巻き起こしたが、今年も楽しみな右投手が充実している。

 板垣瑠翼(秋田商)は140キロのストレートと変化球を器用に操り、春の県大会優勝の明桜を地区予選で5安打に抑えた(試合は1対2で敗戦)。打球への反応もよく、バント処理では難なく二塁でアウトを取れるフィールディングも長ける。
佐野雷流(湯沢翔北)は勢いあるストレートの強さが目を惹く。ブレーキのかかったタテのスライダーはキレがあり、空振りを取れる。気持ちの強さも持ち合わせるスラッとした長身右腕だ。
140キロを超えるストレートをコンスタントに投げ込む佐藤洵士(能代)はカーブも光る。
能代でエースナンバーをつける山内優真はもともと野手。牽制やフィールディングがよく、ゲームメークできる。
阿部将大(本荘)は140キロ中盤を計測する181センチ95キロの大型右腕。打っては、4番に入るチームの柱だ。

 ポテンシャルの高い下級生投手も多い。明桜の2年生エース・佐々木湧生は腕の振りがよく、コースへ丁寧な投球を見せる。投げない時は外野を守る石川陸斗(秋田商)もキレのあるストレートとスライダーが武器の細身右腕だ。

 能代松陽には楽しみな1年生が登場。右腕・深掘虎童は内角を攻める強気の投球ができ、地区予選では大館鳳鳴に1失点完投勝ち。マウンドさばきのいい左腕・大高勇心と経験を積んでいきたい。

野手編〜場数を踏んできた選手多数

加藤洋平

 1年秋は遊撃手、2年春から正捕手を務める加藤洋平(明桜)。166センチと小柄だが、野球センスがあり、存在感のある扇の要。下級生投手を巧みにリードし、打者としてはチャンスメークする。

 佐藤翔也(秋田商)は遠投120メートルと肩の強さはピカイチ。50メートル5秒後半のスピードも兼備している。昨秋は4番、今春は1番でほしい時の一本を打てる。春は背番号6をつけたが、もともと捕手で、昨年は中堅手のレギュラーと対応力の高い選手だ。

 河野泰治(秋田中央)は1年夏に明桜・山口航輝(現ロッテ)からタイムリーを打つなど、入学時から打撃センスを発揮した。空振りした球を次はヒットにするなど、バッテリー泣かせの打者だ。積極的にバットを出し、試合での強さを見せる。

 深掘堅心(能代松陽)は1年秋にクリーンナップを打ち、東北大会4強を経験。長打力のあるリードオフマンとしてチームを牽引する。
能代松陽の捕手・成田涼介も昨年の秋田大会で2本のアーチをかけている強打者だ。田口駿介(能代)もスイングに力があり、高橋秀太朗(横手)は俊足巧打で勝負強さがあり、小技も決められる2番打者だ。

大会展望〜チーム力が拮抗し、激戦必至

秋田地区勢力ピラミッド
毎年のことながら、戦ってみなければわからない秋田県。
春は明桜が2年ぶりに優勝したが、圧倒的な力があるわけではない。
春準優勝の能代は昨夏、甲子園準優勝の金足農にサヨナラ負けと地力がある。
チーム内の競争が激しい秋田中央も春3位を弾みにしたい。
春に台風の目となった湯沢翔北、その湯沢翔北や明桜と接戦を演じている秋田商も虎視眈々。
春は地区予選初戦で敗退となった昨秋王者の秋田修英や昨秋2位で春に秋田修英を破っている横手も巻き返しを図る。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方