週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

プロ2年目に14本塁打。「広島産和製大砲」の夢はいまだ醒めず。ロマン砲・岩本貴裕が愛される理由



 2月14日、宮崎の青空を切り裂く弾丸のような打球が、日南市天福球場の右中間スタンドに突き刺さった。

 大飛球の主は、広島が誇る「未完の長距離砲」岩本貴裕だ。キャンプの紅白戦ながら、その一発にファンは騒然。「ガンキャノン炸裂!」「4番もあるぞ!」「いいぞ! この調子で復活だ!!」などと、歓喜の書き込みがインターネット上に殺到した。

 ここ数年、不振で影が薄くなりつつあったが、プロ入り2年目の2010年には14本塁打。常にカープファンの心の片隅に存在していたロマン砲が岩本だ。紅白戦での本塁打1本だけで騒ぎが起こる岩本の「愛される理由」を探ってみたい。

【愛される理由@】広島生まれの広島育ちの広商出身選手


 岩本は、2008年のドラフト1位で広島に入団。182センチ96キロの恵まれた体から放たれる長打力が武器の大型野手だ。

 当時、2009年から新球場・マツダスタジアムに本拠を移し、新時代を迎えようとしていた広島にとって「新時代・最初のドラ1」となった岩本は、次世代のスラッガーとしての期待を一身に受けて入団した。

 しかし、その期待に応えているとは言い難い。今シーズンで8年目を迎えるが、これまで年間を通して1軍出場したシーズンはなく、ここ2年間の出場数はわずか34試合(2015年は7試合、昨年は27試合)。本塁打もゼロという状況だ。

 昨年、悲願の優勝を遂げたチームのなかでも存在感を発揮できず、優勝を引き寄せる数々のアーチは、後輩選手たちから放たれた。いよいよ崖っぷちに追い込まれた岩本だが、それでも表舞台に現れると依然、大きな歓声が起こる。

 その人気の理由は、岩本の出身地と広島入団までに歩んできた野球人生にあると筆者は考える。

 広島は郷土愛が非常に強い土地柄だ。それ故に、広島ファンの間では、地元・広島出身選手の人気が高い。

 岩本は広島生まれの広島育ち。幼少期から広島ファンとして育った生粋の広島っ子だ。そんな広島愛のDNAを継ぐドラ1選手が、「地元出身の和製大砲」というロマンを引っさげて入団したのだから、広島ファンの寵愛を受けるのは必然だった。

 さらに岩本は古豪・広島商の出身。それもまたファン心理をくすぐる理由となっている。

 広島商は歴代2位の甲子園優勝回数7回(春1回、夏6回)を数える名門中の名門。高校野球界で一時代を築いた広島商は、広島野球界の誇りだ。

 最近は甲子園から遠ざかっているが、その名門校で1年時からエースで4番を担ったのが、ほかならぬ岩本だった。そして、岩本が3年の夏の甲子園以来、広島商は甲子園の土を踏んでいない。岩本に特別な思い入れを持つファンが多いのもうなずける。

【愛される理由A】少年のような風貌


 生まれ持った広島愛のDNAでファンの心をつかむ岩本は、巨体には似つかわしくない、少年のような風貌の持ち主でもある。そのルックスもファンに愛されるもう1つの理由だ。

 岩本は、広島商、亜細亜大という日本屈指の厳しい練習で名を轟かせる野球部で鍛え抜かれてきた。しかし「修羅場」を潜り抜けてきたとは思えないほど朴訥な顔つきをしているのだ。

 亜細亜大出身の同僚、永川勝浩、九里亜蓮、薮田和樹らは「修羅場」を耐え抜いた者ならではの鋭い目つきをしているが、岩本の表情はその対極にあるように見える。

 その朴訥さとギャップが魅力となり、岩本は「ガンちゃん」との愛称で親しまれている。


【愛される理由B】最大の魅力は長打を夢見させるロマン


 岩本がファンから愛される3つ目にして最大の理由は、やはりロマン溢れるパワーに尽きる。

 その長打力はすでに実証済みだ。プロ2年目の2010年7月4日に初本塁打を放つと、そこから2カ月で14本の本塁打を量産。あの衝撃を知るファンは、岩本こそ広島の主砲を担う男だと確信していた。

 それ以降は、ケガもあり、現在まで寂しい成績のシーズンが続くが、あのときのインパクトはファンの脳裏に鮮明に焼きついている。その印象がすごすぎただけにヤキモキさせられるのだが、それもポテンシャルの高さを知るが故のこと。ファンから向けられる期待と愛の大きさはチーム屈指といえる。

 近年はレギュラー候補に名前が挙がらなくなってしまったが、「広島産の和製大砲」というロマンにはファンの夢がつまっている。

 今キャンプで放った一発をきっかけに奮起することを大いに期待したい。今年こそロマンに終わらぬよう潜在能力を開花させ、ファンからの愛に「結果」という形で応えてほしい。


文=井上智博(いのうえ・ともひろ)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方