週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

ホームラン・センスは球界随一! バレンティンが、ケガに泣いた昨年の借りを返す!


イメージはよくないかもだけど、数字を見て!


 時折見せる緩慢な守備や走塁。それに加えて、腕にびっしり入れられたタトゥーにキラリと輝くピアス。しかも、今季の初めのころには、アゴヒゲだけを金色に染めるというファンキーなスタイルだった。あまりいいイメージを持たない人も少なからずいるだろう。ヤクルトのバレンティンに対してである。

 しかし、度重なるケガでわずか15試合の出場に終わった昨年とは違って、今年はバットでしっかりと結果を出している。そこは評価されてしかるべき。開幕こそ1週間ほど出遅れたものの、1軍登録された4月3日以降は、全試合スタメンで出場。6月14日の試合を終えた時点で、打率.283、15本塁打、48打点と、中軸の務めを十分に果たしている。

このまま打ち続ければ打点王の可能性も!?


 このペースで残りの76試合を消化すると、打率はそのままとして、単純計算で本塁打は34本、打点は113となる。本塁打記録を更新した2013年(打率.330、60本塁打、131打点)には及ばないが、昨年度のセ・リーグランキングに当てはめれば、打率は7位、本塁打は2位、打点は1位だ。

 推定年俸250万米ドル(約2億6300万円)+出来高という年俸からすれば、それぐらい打ってもらわなきゃ困るという数字かもしれない。まあでも、助っ人としてはトップクラスの数字であることは間違いない。


低迷するチームの救世主になれるか?


 今季のヤクルトは投壊状態もあって、なかなか浮上のきっかけが見出せていない。しかし、思い返せば昨年。交流戦の最後の3試合と交流戦明けの2試合で5連敗を喫し、最下位に転落したのが6月21日だった。そこから、ご存知の通り、巻き返して優勝している。幸いと言うべきか、6月14日現在、セ・リーグで貯金があるのが広島だけというダンゴ状態。まだまだ上位進出の可能性はある。

 同じくクリーンアップをつとめる畠山和洋が左手首痛のため6月13日に登録抹消。バレンティンもいっそう奮起するはず。豪快な一発で燕打線を引っ張るバレンティンに期待だ。


文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方