週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

日米球界の発展に期待! 今季メジャーリーグで指揮を執る、日本球界に縁のある2人の監督


 松井秀喜がニューヨーク・ヤンキースのGM付き特別アドバイザーに、野茂英雄がサンディエゴ・パドレスの球団編成部門のアドバイザーに就任するなど、メジャー経験のある日本球界のビッグネームが、現役を引退してから、改めてメジャーの要職につく流れができつつある日米野球界。

 日本でも、DeNAのアレックス・ラミレス新監督が、メジャー経験のある選手として今季から指揮を執っているが、今季のメジャーリーグにも、日本球界に縁のある監督が2人いる。


美魔女芸人との熱愛報道


 ひとりは、ニューヨーク・メッツのテリー・コリンズ監督だ。2007年と2008年の5月までオリックスの監督として在籍。2007年は最下位に終わり、翌2008年も21勝28敗と負け越していた5月21日に、自ら辞任を表明している。

 そして、その成績以上に注目されたのが、吉本興業に所属していた美魔女芸人・シルクとの熱愛報道だった。野球にそれほど興味がなくとも、そのニュースは記憶に残っている人もいるだろう。

 日本を離れてから、2009年はWBCの中国代表の監督を務めるなどしたが、2011年からはメッツの監督に就任。昨年は9年ぶりの地区優勝、15年ぶりのリーグ優勝と、チームを久々の躍進へと導いた。今季も、主力選手が本来の実力を順調に発揮すれば、所属するアメリカン・リーグ東地区で首位争いを演じることだろう。

 なお、1949年5月生まれの66歳という年齢はメジャーリーグ現役最年長監督でもある。


指導者として花開く


 もうひとりは、パドレスのアンディー・グリーン監督だ。こちらはダルビッシュ有(レンジャーズ)がツイッターで「パドレスの新監督って日本ハムにいたあのアンディ・グリーンだよね?」とつぶやいたことでもおなじみ。

 日本ハムには選手として2007年の1年だけ在籍し、三塁の守備について18試合に出場。打率.192(61打数12安打)と、期待されたほどの活躍はできずに、4月半ばには2軍落ちを余儀なくされた。その後は故障もあって2軍暮らしが長引き、シーズン終了を待たずに自由契約になっている。

 なお、当時のダルビッシュは日本ハムで3年目のシーズン。エースとして君臨し、15勝5敗の好成績を残してチームのリーグ優勝に大きく貢献している。

 このように、日本ではパッとしなかったグリーン監督だが、指導者として花開いた。現役引退後はマイナーリーグのコーチ、監督として経験を積み、2013、2014年と、2年連続でマイナーの最優秀監督に選出される。2014年はアリゾナ・ダイヤモンドバックスの三塁コーチ、そして今季からパドレスの監督に就任している。

 開幕時はまだ38歳で、こちらは現役のメジャーの監督としてはタンパベイ・レイズのケヴィン・キャッシュ監督に次ぐ2番目の若さ。近年は低迷気味のチームを立て直せるかどうか、注目される。


日米球界の両方で監督を務めた人物は?


 過去に、NPBとMLBの1軍で監督を務めたのは、ボビー・バレンタイン、トレイ・ヒルマン(現ヒューストン・アストロズのベンチコーチ)、テリー・コリンズの3人のみ。

 この人数がもっと増え、また、松井や野茂が日米で監督を務めれば、日米球界の技術向上や、ファンの拡大に大きく寄与するに違いない。そんな日がいつか来るのだろうか。

文=藤山剣(ふじやま・けん)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方