週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

“知”と“血”の野球遺伝子伝授!野村監督と星野監督から山ア武司と桧山進次郎へ

 2013年10月5日、2人のプロ野球選手の引退試合が行われた。中日ドラゴンズの山ア武司と、阪神タイガースの桧山進次郎だ。

 山アは、中日、オリックス、楽天と3球団を渡り歩き、一昨年再び中日に復帰、1996年と2007年にホームラン王を獲得した日本を代表するスラッガーだ。かたや桧山は、阪神一筋22年、近年は「代打の神様」と言われ、代打での通算打点が100を超える勝負強さが持ち味のバッターである。

 そんな2人だが、年齢(山ア武司が1歳年上)も入団の年も異なり、同じチームでプレーしたことは一度もない。しかし、ひとつ大きな共通点があった。それはどちらも野村克也監督と星野仙一監督の下でプレーしたという事実である。2人が野村、星野両監督との出会いによって、その後の野球人生にどんな影響をもたらしたのだろうか。

【日本一退場したホームラン王・山ア武司】

 星野氏が初めて中日監督に就任した1986年オフ、ドラフト2位で入団したのが山アだった。つまり星野監督の最初の教え子たちだ。当時、星野監督は若干39歳と血の気が多い時期。それだけにまさに“闘将”という乱闘シーンも少なくなかった。その勝ち気な部分を良くも悪くも受け継いだ山アは、現役日本人選手の中でダントツとなる通算6回の退場処分を受けた。ちなみに退場6回は星野監督と同じ回数である。

 そんな戦う血の遺伝子をきっちり受け継いだ山アだが、打撃では1996年にホームラン王になった後は、ナゴヤ球場からナゴヤドームに本拠地が変わったこともあり、本塁打が増えた年は打率を落とし、打率が上がった年は本塁打が減り、と偏りが出る成績が続いた。

 トレードで渡ったオリックスでも不調を極め、2004年オフの球界再編時、楽天に拾われる。そこで野村監督と巡り会う。野村監督から教わった野球理論により、投手の配球や駆け引きについて初めて考えるようになる。そして、2007年に二度目のホームラン王を獲得、史上2人目の40代で100本塁打(通算では403本塁打)を記録するなど、再び花開いたのは周知の通り。

 まさに山ア武司は“血”と“知”の野球遺伝子を受け継ぎ、見事に体現した選手なのである。

【球界を代表する名脇役 桧山進次郎】

 平安高校から東洋大学を経て1991年ドラフト4位で阪神に入団した桧山。入団当時の阪神は毎年のようにBクラスが定位置のお荷物球団だった。

 そんな中、1999年に野村監督が就任した3年間が桧山にとって大きな転機になる。それまでは強打者のイメージが強かった桧山だが、野村監督によってアベレージヒッターの素質を見い出され、2001年には当時球団史上最多の28試合連続安打を放ち、打率3割をマークするなど、見事に開花する。また野村監督の下で一時期経験した代打というポジションがその後の桧山の代名詞になっていく。

 そして2002年。星野氏が阪神の監督に就任。星野監督は選手会長である桧山に発破をかけ、優勝争いという大仕事を担う中心選手に育てていく。それは桧山が、2003年にFA移籍した金本知憲や当時4番を張っていた濱中治を生かしながら、チーム全体を支える名脇役になりきれる素質を備えていたからではないだろうか。その証拠に同年、阪神は開幕から快進撃を続け、見事な18年ぶりのリーグ優勝を縁の下の力持ちとして支えた。

 その後、代打という役柄に変わったが、その活躍はファンならずとも記憶に新しいだろう。野村監督の“知”と星野監督の“血”を掛け合わせ一打席で爆発させる集中力に転化させたのだ。



 余談だが、桧山と同じ1991年ドラフト4位にはイチロー(当時オリックス)をはじめ、金本知憲(当時広島)、中村紀洋(当時近鉄)といった、後に球界を代表する一流選手が集まっている。もはやこれを単なる偶然で片付けるわけにはいかないだろう。

【引退の言葉の奥に込められた共通キーワード】

 2013年10月5日に行われた引退セレモニー。2人が発した言葉の中に共通のキーワードがある。それは両親という言葉だ。もちろんそれぞれの両親に対し、丈夫で強い体に生んでくれたことへの感謝の気持ちを述べた言葉なのだが、その奥には2人のプロ人生を支えたもう一組の「両親」への思いもあったのではないだろうか。野村・星野監督という「両親」。大きなケガがなかったとはいえ、2人ともこれまで20年以上現役生活を続けてこられた要因にはこの「両親」との出会い、指導の影響が間違いなくあったはずだ。

 また、山ア、桧山ともに、いまだ日本一という夢を成し遂げたことはない。桧山はそれを「忘れ物」と表現した。山アは「第二の人生で恩返しがしたい」と語った。“血”と“知”の野球遺伝子を受け継ぐ2人に「その日」が来ることを静かに見守りたい。


■ライター・プロフィール
ゆきやす…1966年愛知県一宮市生まれ。野球部経験ゼロの元ナゴヤ球場アルバイトキャプテン(大学時代6年間在籍)。卒業後、出版社勤務を経て、現在、編集・ライティング・校正業へ日々精進中。野球をはじめとするスポーツの面白さを伝える新たな編集道を毎日模索中。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方