週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【2019年夏の甲子園 岡山みどころ】西の進化に他投手も追随する相乗効果!遊撃に実力派が顔を並べ、華やかな展開

投手編〜“BIG4”西だけじゃないぞ

林勇作
 大会最注目の存在は、文句なしで西純矢(創志学園)だ。“高校BIG4”の一角に挙げられる右腕は、現時点の最速が150キロ。ストレート以外にも、打者の手元で“消える”タテのスライダー、落差のあるフォーク、本人も手応えを感じている新球・スプリットの精度も高めており、打ち崩すのは容易ではない。春の県大会で、西に代わり先発のマウンドに上がった草加勝(創志学園)も素材は一級品。182センチの身長以上の角度を感じる腕の振りから放つストレートの威力はエース級だ。

 林勇作(おかやま山陽)からも覚醒の雰囲気が漂う。グラブ側の腕の使い方を改良し、上・下半身の連動性が向上。持ち前の柔軟性に強さが加わり、ボールのキレが増してきた。春は故障の影響で1イニングの登板に止まったが、栗原大樹(関西)も140キロ台半ばを連発できるポテンシャルがある。
 他には、ストレートで打者を押し込める白神幹弥(玉野光南)、強い踏み込みで剛球を発射する高城拓叶(岡山南)らが、“打倒・西”を意識できる本格派右腕だ。

 左腕に目を向けると、木村蒼(倉敷商)の成長曲線に目を奪われる。一見開きが早そうなフォームだが、リリースに粘りがあり、右打者の内角を攻め切るギャップが心憎い。
 試合終盤にひとつギアを上げられるタフネスさが売りの岩本龍之介(岡山理大付)、強打線との対戦でも淡々とアウトを積み重ねる2年生・横川大樹(明誠学院)も左腕の有望株。

 畠木慎之介(倉敷商)、金子晃大(岡山理大付)、三方陽登(創志学園)の180センチ超えトリオは、きっかけひとつで大化けしそうな“ロマン”溢れる大器だ。

野手編〜遊撃手に好素材がズラリ

岩本皓多
 今年は遊撃手の逸材たちに熱視線を送りたい。筆頭格は春の優勝に貢献した白井裕斗(関西)。軽やかなステップでゴロをさばいたかと思うと、マウンドに上がり、キレのあるストレートを飄々と投げ続ける。打席ではコースに逆らわず、ライナーを広角に弾き返す。すべてのプレーに強引さがなく、流麗な動きが攻守で際立つ。咄嗟の反応と瞬発力で他を寄せ付けないのが、吉川育真(岡山理大付)。鋭く振れるスイッチヒッターとしても面白い存在だ。
 公式戦の成績を鑑みると「知る人ぞ知る」存在から抜け出せていないが、大森俊介(就実)もグラウンド映えする好素材。
 ベンチの意図を汲み取る野球勘のよさが頼もしい森田貫佑(創志学園)、小柄であることを忘れさせる元気印・知念大輔(岡山学芸館)らにも、“攻守の要”としての活躍に期待したい。

 フルスイングでネット裏の観客をも味方につける岩本皓多(関西)、高低それぞれのコースを仕留められる横関隼(創志学園)、2年生離れした風格で、ボールを呼び込める梶川航之介(岡山理大付)、背中を叩かんばかりの強振ができるハードパンチャー・福島大輝(倉敷商)らのスラッガーたちが描く放物線も夏を彩ってくれそうだ。

 秋のベンチ外から1番に定着した吉川昌宏(関西)、積極性と確実性を兼備する祢屋亮太(倉敷商)、打席での雰囲気タップリな後藤滉希(作陽)らの“俊足巧打”ぶりも楽しみだ。

大会展望〜秋春連続で決勝進出の関西、倉敷商が軸か

岡山地区勢力ピラミッド
秋春の決勝で顔を合わせた関西と倉敷商を軸に、連覇を狙う創志学園、打線の破壊力は県トップの岡山理大付が追いかける展開になりそう。
関西、倉敷商は野手陣の仕上がりがよく、失点を抑えれば優勝は目前。
連覇を狙う創志学園は、剛腕・西の存在が大きいが、打線の得点力にやや不安が残る。
岡山理大付は攻撃力で突っ走れるか。
打力と内外野の堅守が自慢の玉野光南、実力派右腕2枚を擁するおかやま山陽、春躍進の倉敷工もV射程圏内だ。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方