週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

File.030正対バント(マスク)



全身でバントする

■練習法/バッターはホームベースを両足ではさむようにして、投げ手と正対する。バットは持たずに、顔にキャッチャーマスクをつける。投げ手はゆるいボールを投げ、バッターはマスクにあててバントする。

■狙い/はじめてこの練習を見たときは度肝を抜かれた。東京の強豪・修徳中で取り入れている練習法だ。「バント」が苦手な選手に多いのは、バットだけでコースを変えようとしていること。それを防ぐためには、全身を使ってバントをする。この意識を植え付けるための練習だ。とくに股関節やヒザを使って、バントのコースを変えてみよう。

 次の項目で紹介しているバットを使った「正対バント」の基本となるメニューだ。まずはマスクで感覚を身につけよう。

■注意点/気を付けてほしいのは構えだ。ヒザを曲げるのではなく、股関節から体を曲げて、横から見たときに「く」の字を作る。バントだけでなく、バッティングや守備にもすべてつながっていく姿勢である。






▲マスクにあててボールを転がす。股関節やヒザを使って体の向きを変えよう


▲股関節から体を曲げて、「く」の字を作る

どんな練習か動画でチェック!


記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方