週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

弁解!!バッセン凡打の巻/第十打席

今回で第10弾!(というより第十打席)

 漫画家・平沢健司さんは、現在『月刊チャンピオン』で連載中。野球部出身で、今でもバッティングセンター(通称“バッセン”)に通っている実践派。平沢さんの観察眼が光る奇妙なバッセンの世界をどうぞ!



 硬式経験者「いや今の完ペキ芯捉えてたもん。硬球だったらもうスコーン!! って飛んでたよ、マジで。

 ・・・まぁでも、硬球の場合芯外すと、スゲー手〜いて〜けどな。特に冬とか。

 でもやっぱ硬球いいよなぁ、真芯で捉えたら力いらないもん。打った感覚ないっていうかさぁ・・・」

はいはい、そうですか。




 画・文=(ひらさわ・けんじ)/ギャグ漫画家。「バッティングが好き」という理由だけで、小・中・高と野球を続けてきた。バッセンのお世話になった回数は数知れず。好きな打法は、天秤打法。好きな返しは、センター返し。『月刊チャンピオン』にて「アンダーライフ」連載中!

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方