週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

【新助っ人期待度ランキング〜野手編】大当たりムードの阪神・ロサリオにもう一人の楽天・オコエ?

【新助っ人期待度ランキング〜野手編】大当たりムードの阪神・ロサリオにもう一人の楽天・オコエ?

 今季も多くの新助っ人が活躍の場を求めて日本にやってきた。誰がチームの救世主となり、成功を収めるのか? 今季期待したい新助っ人ベスト5を独断で選んでみた。

 投手編に引き続き、今回は野手編!

1位:ウィリン・ロサリオ(阪神/29歳/内野手/右投右打)


■2017年成績(韓国)
119試合:打率.339/37本塁打/111打点/10盗塁/OPS1.075

 期待度第1位は間違いなくこの男。キャンプから絶好調をキープし、打撃練習では推定150メートル弾でバックスクリーンを破壊。実戦でも2月末までの6戦で10打点を記録し、上々の滑り出しを見せている。

 弱点と推測されていた外角スライダーにもバットが止まり、他球団も警戒を強めている。ハイペースな調整が気がかりだが、阪神の新助っ人はこのくらいでちょうどいいはず。

2位:オズワルド・アルシア(日本ハム/26歳/外野手/右投左打)


■2017年成績(3A)
93試合:打率.326/24本塁打/87打点/0盗塁

 日本ハムでポスト・大谷翔平を任されそうなのはアルシア。26歳の若さながら2013年にはメジャーで14本塁打、2014年には20本塁打を放っており、パワーは十分。2015年に不調に陥り、2016年は4球団を旅したが、2017年に3Aで復調。出番を求めて日本にやってきた。

 母国ベネズエラとアメリカ間の行政トラブルもあり、2月21日まで来日が遅れたのがやや気になるが、ゴールデンウイーク頃にはしっかり仕上がってくるはずだ。


3位:ソイロ・アルモンテ(中日/28歳/外野手/右投両打)


■2017年成績(メキシコ)
109試合:打率.355/15本塁打/70打点0盗塁

 森繁和監督が直々に発掘した森チルドレン。本格的な両打ち大砲で右打席でも左打席でも本塁打を打てる。特に左打席が得意で詰まってもスタンドに押し込むパワー有り。3A級のメキシカンリーグで高打率を記録しており、対応力も高そうだ。


4位:マット・ドミンゲス(ロッテ/28歳/内野手/右投右打)


■2017年成績(3A)
116試合:打率.264/16本塁打/67打点/3盗塁

 成績はやや下降線を描いているが、ロッテの主砲候補のドミンゲスも実績あり。2013年にメジャーで21本塁打、2014年に16本塁打を放っている。


5位:オコエ・ディクソン(楽天/27歳/外野手/右投右打)


■2017年成績(3A)
116試合:打率.246/24本塁打/76打点/4盗塁

 第二のオコエとして注目を集めるディクソンにも期待。3Aで3年連続2ケタ本塁打。2016年には打率.328をマークし、昨季はメジャーデビューも果たした。ペゲーロ、ウィーラー、アマダーの3助っ人の離脱時に結果を残し、1軍に食い込みたい。


文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.27 2018夏の高校野球&ドラフト大特集 甲子園を制覇するのは!? 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方