週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

自らのどん底時代からの教訓! 選手もファンも魅了される阪神・掛布雅之2軍監督の魅力に迫る


「野球が好きで好きでたまらない!」

 31番の縦縞のユニフォームを着た、掛布雅之2軍監督の満面の笑みが、それを物語っている。

 昨年秋に、阪神タイガース1軍監督に就任した金本知憲監督の要請を受けて2軍監督に電撃就任して、はや7カ月が過ぎた。

 “超変革”をスローガンに掲げ今シーズンをスタートした阪神タイガースの中で、掛布2軍監督のチームへの影響力は想像以上のものがある。

 選手の育成、1軍との連携、そしてファンサービスなど、2軍監督の職域をも越えた、アクティブな掛布2軍監督の魅力に迫ってみた。

ファームの4番を任せることで選手を育成していく


 掛布2軍監督が1軍から降格してきた上本博紀を、初めて4番打者で起用したのは、4月29日のオリックス戦であった。

 これまで1番や2番で起用されることが多かった上本を、「常にいい緊張感を持たせたい」と4番に起用し思い切りのいい打撃を引き出したのだ。

 技術的なこともさることながら、メンタルな部分を4番起用という形でケアする、掛布2軍監督ならではの育成方法。期待に応えた上本は「4番の仕事」をきっちりこなし、再度1軍昇格を成し遂げる。

 開幕からブレイクした横田慎太郎も、1軍から掛布2軍監督の元に送り返されてきた1人だ。

 1軍では、投球を当てにいって、足で稼ぐ安打が目立ち、横田の持ち味であるパワーを生かしたバッティングはさせてもらえなかった。

「4番としての責任を負わす」

 掛布2軍監督の願いは、横田らしさを取り戻させ、再度1軍で横田の本当の魅力をファンに魅せることに他ならない。

ファンが選手を育てる


 掛布2軍監督のファンサービスは、過去に例をみないほどサービス精神旺盛だ。

 ファーム開幕戦では、監督カードと呼ばれる550枚の掛布2軍監督プロフィール写真に直筆サインをし、鳴尾浜球場に詰め掛けたファンに1枚1枚手渡しでプレゼントした。もちろん、掛布2軍監督の写真は満面の笑み(掛布スマイル)である。

 また、ゴールデンウイーク3連戦が、自身が2軍監督となって初の甲子園開催だったこともあり、ここでもフロントを巻き込んでのファンサービスを慣行。2軍戦では異例の毎試合1万人の入場者を記録した。

 多くのファンにプレーを見てもらうことで、1軍昇格を狙う選手たちが発奮してモチベーションが上がり、より高いところを目指すようになる。

「ファンが選手を育てる!」

 掛布2軍監督の意図するところは、まさにここにある。


掛布2軍監督が愛弟子たちを思う気持ちと情熱


 現役を引退後、野球以外で波乱万丈の人生を歩んだ掛布2軍監督。人生のどん底を味わったからこそ、見えてくることもある。

 掛布2軍監督が見せる満面の笑みは、野球ができることの喜びが満ち溢れ、指導する真剣な表情からも、愛弟子たちが1軍で活躍し、将来大きく羽ばたくことを願う気持ちが伝わってくる。

 阪神フロントをも巻き込んだ“超変革”が、掛布2軍監督の元でも着実に進んでいるのは間違いない。ファンの心をしっかりと掴んでいる掛布2軍監督が今後は何を見せてくれるのか、楽しみにしたい。


文=まろ麻呂
企業コンサルタントに携わった経験を活かし、子供のころから愛してやまない野球を、鋭い視点と深い洞察力で見つめる。「野球をよりわかりやすく、より面白く観るには!」をモットーに、日々書き綴っている。

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方