週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

【勝手にコスパレース2019 4/22〜5/5】令和初のMVPは?

文=水原翔

【勝手にコスパレース2019 4/22〜5/5】令和初のMVPは?

 高額年俸選手の1勝あたりの金額は?そんな疑問がすぐにわかる、週刊野球太郎の人気企画『勝手にコスパレース!』
 レースに参加した総勢20人の成績を振り返るとともに、今回の週間MVPを発表したいと思います!

コストの算出方法とルールについてはこちら
※成績の後ろの()は1つあたりの金額。年俸は推定。

投手編

4/22から5/5までの成績は以下のとおり。

■菅野智之(年俸6億5000万)
6登板(1億833万)、42イニング(1547万)
4勝(1億6250万)、39奪三振(1666万)

■メッセンジャー(年俸3億5000万)
5登板(7000万)、32イニング(1093万)
2勝(1億7500万)、23奪三振(1521万)

■増井浩俊(年俸3億)
12登板(2500万)、12イニング(2500万)
2H(1億5000)、8S(3750万)、17奪三振(1764万)

■岸孝之(年俸3億)
1登板(3億)、4 1/3イニング(6928万)
4奪三振(7500万)

■森唯斗(年俸2億8000万)
16登板(1750万)、18イニング(1750万)
1勝(2億8000万)、3H(9333万)、9S(3111万)
18奪三振(1555万)

■ブキャナン(年俸2億7500万)
3登板(9166万)、17イニング(1617万)
10奪三振(2750万)

■ジョンソン(年俸2億7000万)
6登板(4500万)、26イニング(1038万)
22奪三振(1227万)

■西勇輝(年俸2億5000万)
6登板(4166万)、44イニング(568万)
2勝(1億2500万)、33奪三振(7575万)

■宮西尚生(年俸2億5000万)
14登板(1785万)、11 2/3イニング(2144万)
1勝(2億5000万)、11H(2272万)

■山口俊(年俸2億3000万)
6登板(3833万)、41イニング(560万)
4勝(5750万)、37奪三振(621万)

週間MVP

山口俊(巨人)

山口が前回に引き続き連続MVP。 2週間で3登板し、20イニング、1勝、18奪三振の成績。
森唯斗も期間中に6登板し6イニング、1勝、1ホールド、3セーブと大活躍だったが、ベースの年俸差で山口俊がコスパMVPとなった。

野手編

つづいて野手。

■柳田悠岐(年俸5億7000万)
41打席(1390万)、11安打(5181万)、21出塁(2714万)
26塁打(2192万)、4本塁打(1億4250万)、4盗塁(1億4250万)

■浅村栄斗(年俸5億)
141打席(354万)、34安打(1470万)、57出塁(877万)
58塁打(862万)、6本塁打(8333万)

■坂本勇人(年俸5億)
143打席(349万)、41安打(1219万)、61出塁(819万)
74塁打(675万)、10本塁打(5000万)、1盗塁(5億)

■丸佳浩(年俸4億5000万)
140打席(321万)、36安打(1250万)、58出塁(775万)
61塁打(737万)、6本塁打(7500万)、3盗塁(1億5000万)

■バレンティン(年俸4億4000万)
124打席(354万)、31安打(1419万)、45出塁(977万)
60塁打(733万)、8本塁打(5500万)

■山田哲人(年俸4億3000万)
155打席(277万)、35安打(1228万)、76出塁(565万)
66塁打(651万)、7本塁打(6142万)、10盗塁(4300万)

■筒香嘉智(年俸4億)
121打席(330万)、31安打(1290万)、49出塁(816万)
63塁打(6349万)、9本塁打(4444万)

■内川聖一(年俸4億)
119打席(336万)、31安打(1290万)、36出塁(1111万)
39塁打(1025万)、2本塁打(2億)、1盗塁(4億)

■松田宣浩(年俸4億)
135打席(296万)、37安打(1081万)、39出塁(1025万)
66塁打(606万)、7本塁打(5714万)、1盗塁(4億)

■糸井嘉男(年俸4億)
141打席(283万)、33安打(1212万)、57出塁(701万)
44塁打(909万)、1本塁打(4億)

週間MVP

山田哲人(ヤクルト)

なんと3週連続で山田哲人が週間MVP。
56打席で13安打26出塁3本塁打3盗塁と引き続き、好調を維持。
しかし、ゴールデンウィーク終了間近にバレンティンが離脱。
山田へのマークはより一層厳しくなるだけに、次回からの成績には要注目。
次点は筒香嘉智。
50打席10安打21出塁3本塁打と前回の死球はほぼ完治と言っていいだろう。
筒香自身含め、打線は比較的状態は良い方なので、投手陣の奮起に期待したい。

次回もお楽しみに!

文=水原翔(みずはらしょう)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方