週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

高年俸でも集計できない!? 内海哲也(巨人)らも参加中のプロ野球選手年俸コスパレース!

 先週からはじまった高額年俸選手たちがコスパを競う「オコエポイント」バトル。

≪1オコエ=1000万円≫
※実際のオコエの年俸は1200万円だが、便宜上1000万円に


 という単位を勝手に設定し、高年俸選手のコストパフォーマンスと、オコエとの活躍度の差を競っている。現在、レースに参加しているのは、以下の選手だ。

★投手
黒田博樹=60オコエ
金子千尋=50オコエ
和田毅=40オコエ
攝津正=40オコエ
五十嵐亮太=35オコエ

★野手
中村剛也=41オコエ
鳥谷敬=40オコエ
中島宏之=35オコエ
内川聖一=33オコエ
村田修一=30オコエ

 選手名の横にある≪◎オコエ≫は年俸を表す。黒田であれば、60オコエ=6億円。つまり、オコエ60人分の資本をもって、雇われているわけだ。

 オコエという三文字を60回並べると、

オコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエオコエ

 これぐらいの存在感を示して欲しいものである。

ショック! 高年俸なのに未だ出場せず


 オコエの数十倍の年俸を確約されている高額年俸選手たちだが、このレースに参加できていない選手もいる。

 そう。内海哲也(40オコエ)、松坂大輔(40オコエ)、阿部慎之助(32.6オコエ)らは2軍調整中。開幕1軍に名を連ねたオコエと成績を比較しようがないのだ…。何をやっていることやら…。


 活躍に応じて獲得できるポイントはこちら。

【投手】
1勝=10pt
1QS=10pt
1ホールドまたは1セーブ=10pt
※リリーフでの勝利はノーカウント

【野手】
(塁打数+四死球+盗塁)pt

 このポイントを元に、1pt獲得あたりオコエ何人分のコストがかかるのか、オコエ何人分の活躍をしているのか(オコエ比)を測る。

 さっそくランキングを見ていこう。※順位は1ptあたりのオコエ=コスパ順(成績は4月10日時点)

★オコエ比基準
オコエ瑠偉[年俸1オコエ]
塁打数0+四死球1+盗塁1=2pt
<4月10日現在、2ptでオコエ1人分の活躍>

 オコエ本人は先週の2ptから変動なし。4月3日の西武戦では初スタメンのチャンスも与えられたが、3打数0安打。高額年俸選手にとってはオコエ比に差をつけるチャンス到来だ!


★投手オコエptランキング
≪1位≫(→)
黒田博樹[年俸60オコエ]
3登板2勝0敗2QS=40pt
1勝あたり→30オコエ

1ptあたり:年俸60オコエ÷40pt=1.5オコエ
オコエ比:40pt÷2pt=オコエ20人分の活躍

 先週9日の阪神戦で先発した黒田。4回まで2失点でポイントを伸ばすかと思われたが、ゴメスの打球が左足に直撃し緊急降板。ポイント上乗せとはならなかった。

≪2位≫(↑)
五十嵐亮太[年俸35オコエ]
4登板0勝0敗2H=20pt
1Hあたり→17.5オコエ

1ptあたり:年俸35オコエ÷20pt=1.75オコエ
オコエ比:20pt÷2pt=オコエ10人分の活躍

 チームが大味な試合続きということもあり、登板機会が増えない不運もある五十嵐。先週は1H=10ptを上積み。コストで金子(オリックス)を上回って2位に浮上した。

≪3位≫(↓)
金子千尋[年俸50オコエ]
3登板0勝0敗2QS=20pt
1勝あたり→∞オコエ

1ptあたり:年俸50オコエ÷20pt=2.5オコエ
オコエ比:20pt÷2pt=オコエ10人分の活躍

 開幕から2試合連続QSでさすがの実力を見せていた金子だが、9日のロッテ戦では4回1/3を投げて8失点の大炎上。黒田(広島)を追い抜くチャンスを逃したばかりか、五十嵐、和田(ともにソフトバンク)に逆転を許した。

≪4位タイ≫(↑)
和田毅[年俸40オコエ]
2登板0勝0敗1QS=10pt
1勝あたり→∞オコエ

1ptあたり:年俸40オコエ÷10pt=4オコエ
オコエ比:10pt÷2pt=オコエ5人分の活躍

 前回は0ptで最下位に沈んだ和田。しかし、5日のロッテ戦では7回2失点の好投を見せた。勝ち星=10pt獲得はならなかったが、QSの10ptを獲得。0ptの最下位から脱した。

≪4位タイ≫(↓) 攝津正[年俸40オコエ]
3登板0勝0敗1QS=10pt
1勝あたり→∞オコエ

1ptあたり:年俸40オコエ÷10pt=4オコエ
オコエ比:10pt÷2pt=オコエ5人分の活躍

 未だ勝ち星のない攝津だが、7日のロッテ戦では4回1/3を投げて7失点の大炎上。ポイント獲得ならず。チームメートの和田にも追い抜かれ、最下位に転落した。

 首位ソフトバンクの高額年俸先発が2人ともがワースト成績。2軍調整中でレース外の松坂を含めると3人が奮わぬ展開だ…。

★野手オコエptランキング
≪1位≫(→)
内川聖一[年俸33オコエ]
塁打数23+四死球6+盗塁0=29pt

1ptあたり:年俸33オコエ÷29pt=1.14オコエ
オコエ比:29pt÷2pt=オコエ14.5人分の活躍

 先週は3安打1回、4安打1回と2試合で固め打ち。好調を維持し、コスパ1位をキープ。

≪2位≫(↑)
村田修一[年俸30オコエ]
塁打数18+四死球4+盗塁0=22pt

1ptあたり:年俸30オコエ÷22pt=1.36オコエ
オコエ比:22pt÷2pt=オコエ11人分の活躍

 打率.232に沈む村田だが一日一善、コンスタントに出塁を続け、なんとコスパで中村(西武)を抜いた。

≪3位≫(↓)
中村剛也[年俸41オコエ]
塁打数26+四死球4+盗塁0=30pt

1ptあたり:年俸41オコエ÷30pt=1.37オコエ
オコエ比:30pt÷2pt=オコエ15人分の活躍

 打率.333と高額年俸に見合った発進を見せている中村だが、本塁打が1本止まり。先週もノーアーチに終わった。ここから本塁打量産で塁打数をガンガン稼ぎたい。

≪4位≫(↑)
鳥谷敬[年俸40オコエ]
塁打数9+四死球12+盗塁1=22pt

1ptあたり:年俸40オコエ÷22pt=1.82オコエ
オコエ比:22pt÷2pt=オコエ11人分の活躍

 打率.180でリーグ34位に低迷する鳥谷だが選球眼は健在。先週は9四球を選び、しぶとくポイントを伸ばして最下位を脱した。

≪5位≫(↓)
中島宏之[年俸35オコエ]
塁打数15+四死球3+盗塁1=19pt

1ptあたり:年俸35オコエ÷19pt=1.84オコエ
オコエ比:19pt÷2pt=オコエ9.5人分の活躍

 野手最下位は中島。打率こそ.273だが、四死球、長打(二塁打3)ともに不足でポイントを伸ばせなかった。7日の楽天戦が雨天中止だったのも痛い。さすがに打率で上回るセ・リーグ勢には勝ちたいところだ。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.31 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 好評発売中
おすすめ特集
2019夏の甲子園特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方