週刊野球太郎 野球の楽しみ方が変わる野球サイト

帰ってきた雑草魂! キューバの152連勝阻止など上原浩治(巨人)の伝説をあらためて振り返る

帰ってきた雑草魂! キューバの152連勝阻止など上原浩治(巨人)の伝説をあらためて振り返る

 3月9日、カブスをFAになっていた上原浩治(元カブス)が、10年ぶりに巨人に復帰した。松井稼頭央が西武に、イチローがマリナーズに復帰するなど古巣への回帰が目立つなか、ある意味でトレンドに乗った格好だ。

 今年4月で43歳になる上原だけに、今回の移籍がキャリアの集大成になるはず。どんな投球を見せてくれるか楽しみだが、ここではこれまでに作り上げた上原伝説を振り返ってみたい。

努力の果てにつかんだプロ入り


 今回の巨人復帰にあたって上原は背番号「11」を背負うことになったが、プロ入り以来一貫して背負っていたのが「19」。

 「大学受験に失敗して浪人生活を送った19歳のころの気持ちを忘れないように」という思いを込めて、巨人入団時に「19」を希望したという。

 ちなみに浪人時代は、予備校で勉強しながらジムでトレーニングに励み、さらに道路工事のアルバイトもしていたという。まさに苦労人、まさに雑草魂だ。

お金のためじゃない! 夢のためなんだ


 大阪体育大時代にエンゼルスが獲得に前向きだったこともあり、上原はプロ入り当初からメジャーへの思いが強かった。巨人入団後は、FAまで待てないとポスティングシステムによるメジャー移籍を訴えたが、球団は首を縦に振らず。

 業を煮やした上原は、年俸の減額を申し出たり、前倒しの移籍に関する違約金を払うとまで直訴。しかし、その行為は「ワガママ」と一蹴されてしまう。

 結局、2009年の海外FA権取得後に旅立った。夢を実現させるためとはいえ、自身の年俸の減額にまで口にする選手は、今後もそうは現れないだろう。


敵地でも折れない鋼のメンタル


 国際試合で無類の強さを発揮するのも上原の特徴。大阪体育大時代から渡米前のNPB最終年にあたる2008年までに、25戦12勝0敗という成績を国際試合で残している。

 そのなかには、キューバの連勝記録を151で止めた1997年の第13回IBAFインターコンチネンタルカップ決勝、韓国を破った2006年の第1回WBC準決勝といった大一番での好投も含まれる。

 アウェーに乗り込んでも折れない精神力、外国人コンプレックスがなかったことも、上原がメジャーで活躍できた要因だろう。


引退まで続く上原浩治物語


 上原の伝説的エピソードというと、ベンチからの敬遠の指示に悔し涙を流した「ペタジーニ敬遠事件」がすぐに思い浮かぶが、さすがトッププレーヤーというべきか、ほかにも様々なエピソードが飛び出してくる。

 年齢的にあと何年現役を続けられるかはわからないが、最後にきっと、とてつもない伝説を残してくれるはず。その瞬間を、見逃さないようにしたい。


文=森田真悟(もりた・しんご)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2018ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方