週刊野球太郎
中学、高校、プロ・・・すべての野球ファンのための情報サイト

広島ファン以外も祝福! 球界の人気者・新井貴浩の通算2000本安打までの道のりを振り返る


 4月26日、神宮球場で行われたヤクルト対広島。大記録まであと1安打と迫っていた新井貴浩(広島)は3回裏、ヤクルト先発・成瀬善久から二塁打を放ち、通算2000安打を達成した。

 奇しくも駒澤大学時代にプレーした神宮球場での偉業達成に、何か運命を感じずにはいられない。ここまで18年間のプロ野球生活を送っている新井だが、2000安打達成に至るには様々な歴史があった。

ドラフト下位指名からチームの中心選手に


 新井は1998年秋、ドラフト6位で地元・広島から指名を受けて入団。大学4年時には大学全日本代表に選出されるが、決してスタープレーヤーという存在ではなかった。

 そんな新井はプロ1年目のシーズン途中にはファーストでスタメン出場を果たすなど出場機会を得て、7本塁打をマーク。2000年のシーズン途中にチームのベテラン・野村謙二郎からサードのポジションを奪取。18本塁打と前年よりも本塁打数が増え、主砲候補として頭角を現していく。

 2001年は主に外野手でプレーして18本塁打。そして2002年には140試合フル出場を果たすと、打率.287、28本塁打、75打点と自己最多の結果を出す。この年は初のオールスターゲーム出場を果たし、飛躍の年となる。

 その一方でチームの中心選手・金本知憲(当時広島)の弟分として、イタズラの標的にされるなど「いじられキャラ」としても認識されていった。オフにはその金本がFA宣言し阪神へ移籍。金本に代わる4番打者として期待されるが、そのプレッシャーに苦しみ、2003年以降は伸び悩んでしまう。


初のタイトル、涙のFA宣言…


 2005年、新井に転機が訪れる。打撃スタイルの変更が功を奏して本塁打を量産。43本塁打で初めて本塁打王のタイトルを獲得。4番にも返り咲き、チームの主砲として2006年からは2年連続全試合出場を果たした。

 そして2007年オフ、FA権を取得していた新井は、広島残留か、FA行使かと揺れ動く。悩み抜いた結果、新井はFA権行使を決断。その会見では「辛いです。カープが好き過ぎて」と複雑な心境を語り、涙を流した。

 阪神へ移籍した2008年、新井は北京五輪代表に選ばれ、星野仙一日本代表監督から4番を任された。腰の骨折を押しながら出場し続けたが、チームはメダル獲得を逃し、新井にも非難の声が向けられた。

 五輪でのケガもあり、阪神移籍1年目は不本意なシーズンに終わる。しかし2010年4月途中からは兄貴分・金本に代わって4番に座り、打率.311、19本塁打、112打点と、阪神移籍後の最高成績を残す。さらに翌2011年には93打点で打点王を獲得。阪神の顔としてチームを引っ張っていった。

自由契約、そして広島への復帰


 順調に結果を出してきた新井。しかし、次第にその輝きは色褪せていく。2012年にはスランプに陥り、本塁打数はわずか9本に。翌年には4番の座をマット・マートンに明け渡し、チームが日本シリーズに出場した2014年はマウロ・ゴメスの入団や、自身の成績不振もあって6年ぶりに100試合未満の出場に終わる。オフには自ら自由契約選手となり阪神を離れ、獲得を打診してきた古巣・広島に復帰することとなる。

 年俸は2000万円と大幅減となり、広島ファンも「今更戻ってくるなんて…」と冷たい視線を送る逆境のなかでの2015年シーズン。当初は主に代打での出場が多かったが、ブラッド・エルドレッド、ヘスス・グスマンの両外国人の離脱もあって、途中から4番での出場機会が増えた。勝負強い打撃で4番の仕事を果たし、徐々にファンの信頼を勝ち取っていく。

 オールスターにも2年ぶりに出場し、終わってみれば124試合に出場と存在感を発揮。オフの契約更改では3倍近くの6000万円と大幅アップを勝ち取った。

 そして背番号が28から慣れ親しんだ25に変わった今シーズン。開幕前に残り29本としていた2000安打を達成。39歳のベテラン・新井は広島にとってやはり必要不可欠な選手だ。


文=武山智史(たけやま・さとし)

記事タグ
この記事が気に入ったら
お願いします
親子での参加も大歓迎の野球太郎マル秘セミナー開催!
一流選手に育てた酒井式メソッド、教えます!
本誌情報
雑誌最新刊 野球太郎No.29 2018ドラフト総決算&2019大展望号 好評発売中
おすすめ特集
2019センバツ特集
2019ドラフト特集
野球太郎ストーリーズ
野球の楽しみ方が変わる!雑誌「野球太郎」の情報サイト
週刊野球太郎会員の方はコチラ
ドコモ・ソフトバンク
ご利用の方
KDDI・auスマートパス
ご利用の方